試食

マックのフライドポテトにチーズボロネーゼソースをかけた期間限定メニュー「カケテミーヨ チーズボロネーゼ」を食べてみた


マクドナルドで、レギュラーメニューのフライドポテトに温かい「チーズボロネーゼソース」をかけた期間限定メニュー、「カケテミーヨ チーズボロネーゼ」が2月28日(水)に登場しました。素材にホワイトチェダーチーズやトマト、牛肉、豚肉などが使用され、隠し味に黒こしょうやガーリックを加えたというボロネーゼソースとフライドポテトの相性がどれくらい良いのか、実際に食べて確かめてみました。

マックフライポテトにあったかソースをカケテミーヨ!チーズとろとろ!ひき肉の食感ゴロゴロ!カケテミーヨ チーズボロネーゼ2月28日(水)から期間限定で新登場 | McDonald's Japan
http://www.mcdonalds.co.jp/company/news/2018/0223a/


マクドナルドに到着。


さっそく「カケテミーヨ チーズボロネーゼ」(税込390円)を注文しました。なお、注文時に100円プラスするとMサイズのドリンクをセットすることができるほか、バリューセットにプラス100円することでチーズボロネーゼソースを追加することが可能です。


新メニューを食べてみます。パッケージを開けてみるとこんな感じ。なお、このメニューのポテトの量は、店員さんに聞いたところ、レギュラーのポテトの「Mサイズ」と同じとのこと。


ソース単品は、スパイスの効いたトマトソースの香りがします。


ディップソースのようにポテトをソースに浸して食べてもいいのですが、今回は、公式ツイートのように、ソースをポテトにかけて食べてみました。


食べてみると、トマトソースは甘い味付けで、牛肉と豚肉の旨み、そしてトマトの酸味が感じられ、シンプルな塩味のポテトとの相性が抜群。加えてソースには、ホワイトチェダーチーズでまろやかさがプラスされています。公式のアナウンスによると、「まろやかさとコクがプラスされるように、チーズの量や種類にもこだわった」とのこと。また、とろりと溶けたチーズとひき肉の食感で、レギュラーのポテトに食感のバリエーションが加わっています。食べる前はスパイスの香りが強く、少し辛そうと予想していましたが、マイルドなトマトソースの味が強く、ほのかなスパイスの辛みはソース全体味を引き立て、香りをプラスしています。


「カケテミーヨ チーズボロネーゼ」は全国のマクドナルド店舗で販売中。発売期間は3月下旬までとなっています。

・関連記事
オレオ超増量でザクザク感MAXのオレオ好きにはたまらない「マックフルーリー 超オレオ」を食べてみた - GIGAZINE

ハーゲンダッツの餅入り和風アイスクリーム「華もち」シリーズが進化を遂げた「栗あずき」「桜あん」を食べてみました - GIGAZINE

なめらかな食感で優しい味が印象的な「CoCo壱番屋監修 フライドチキン入りカレーラーメン チーズトッピング」を食べてみた - GIGAZINE

熱したラクレットチーズをその場で削り取ってトッピングするラクレットチーズドッグを食べてきた - GIGAZINE

本当にプレッツェルのような食感を味わえるのか「プレッツェルみたいなベビースター フライドチキン味」と「プレッツェルみたいなベビースター チーズ味」を食べて確かめてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1f_yi