異様に長いURLから余分なゴミを自動で削除してシェアできる機能がGoogle Chromeに搭載される


インターネットのページを指定するURLは、情報を付加するパラメーターのせいでやたらに長い表記になることがあります。他人とページをシェアするときに、「ゴミ」のついた異様なまでに長いURL表記は不便なもの。GoogleのChromeアプリには、バージョン64から共有するときにゴミを自動で削除する機能が追加されています。

Chrome now automatically cleans up messy URLs when you share them
https://www.androidpolice.com/2018/02/19/chrome-now-automatically-cleans-messy-urls-share/

iOS版のChromeアプリで試してみます。例えば、以下のAmazon.comの商品ページは、iPhoneの画面サイズの関係でURLは最後まで表示されません。


URLをクリックすると、末尾に大量の文字(ゴミ)がついているのが確認できます。


あらためて同じURLのページを表示した状態で、右上の「設定」ボタンをタップ。


「共有」ボタンをタップ


今回はメッセージとしてURLを共有してみます。「メッセージ」をタップ。


メッセージ送信画面が開き、Amazon.comのURLが表示されました。URLは商品コードのみでゴミは自動的に削除されていました。


これに対して、Chorme画面内のURLをクリックして「共有」すると……


ゴミ付きで共有することになります。アソシエイトタグなどをあえて付加したい場合は、URLをクリックして共有すればOKです。


Android版のChromeアプリでも試してみました。iOS版と同様に、ページを表示した状態から「設定」ボタン→「共有」の順にタップ。


メッセージとして共有すると、ゴミなしのスッキリしたURL表示。


他方で、Chrome画面内のURLを選択して「共有」すると……


やはりゴミ付きでURLが共有されました。


ChromeアプリのURLゴミ自動消去機能は、Chrome 64以降で有効になっており、特別な設定なしで利用可能です。

・関連記事
Google Chromeをレベルアップさせる5つの使い方 - GIGAZINE

ウェブページのタイトル&URLを好きな形式でコピーできるFirefoxアドオン「Format Link」を使ってみた - GIGAZINE

ブラウザの新規タブに時計を表示して見た目もカスタマイズできるChrome・Firefox用拡張機能「CaretTab」 - GIGAZINE

送ったメールを相手が開封したタイミングで通知してくれるChrome拡張機能「Mailcastr」を使ってみた - GIGAZINE

人間の目で見抜けないURL偽装がフィッシング詐欺に悪用される可能性、Firefoxでの対策はコレ - GIGAZINE

in レビュー,   モバイル,   ソフトウェア, Posted by logv_to