映画

80年代愛にあふれるアクション映画「KUNG FURY」続編にアーノルド・シュワルツェネッガーらの出演が決定


80年代テイストと怪しげなアジア観があふれるカンフーアクション風短編映画が「KUNG FURY」です。クラウドファンディングで集めた資金で製作されたこの映画はYouTubeで無料公開され、記事作成時点で297万回を超える再生回数を記録しており、大好評を得ています。この「KUNG FURY」の続編に、アクション俳優として名高いアーノルド・シュワルツェネッガーの出演が決定したと、DEADLINEで報じられています。

Arnold Schwarzenegger Joins David Sandberg’s ‘Kung Fury’ – Berlin | Deadline
http://deadline.com/2018/02/arnold-schwarzenegger-joins-david-sandbergs-kung-fury-1202290410/


「KUNG FURY」がどういう映画なのかは、YouTubeで無料公開されている以下のムービー本編を見ればよく分かります。

KUNG FURY Official Movie [HD] - YouTube


舞台は1985年のマイアミです。


1985年のマイアミは治安がめちゃくちゃ悪いようで、肩に巨大なラジカセを載せた男が強盗にマシンガンで撃たれて殺されても、周囲にいる人は誰も気に止めません。


そんな中、ゲームセンターのアーケードマシンが突如意思を持ち、手足を生やして暴れだして大騒ぎになります。事態を収拾するべく、警察はひとりの男の手を借りることに。


日本とアメリカの文化がぐちゃぐちゃに混ざったような、統一感のなさすぎる部屋で、男がセクシーな女性と語らっています。警察からの電話を受ける彼こそがカン・フューリーです。


男はスポーツカーで現場へ急行。サングラスにバンダナという、やりすぎなくらいに80年代を感じるファッションです。


アーケードマシンと死闘を繰り広げます。なお、PLAYの文字は映像上の演出で、ときおりノイズが混じる映像も含めてVHSを思わせるような映像演出もこの映画の大きな特徴です。


そして見事アーケードマシンを撃破します。しかし、圧倒的強さを見せつけるカン・フューリーにもつらい過去がありました。


彼はもともと真面目な警官でしたが、ある日父親のように慕っていた相棒を忍者に惨殺されてしまいます。


目の前で相棒を殺されて怒る彼に、何の前触れもなく突然雷が落ちます。電撃のショックからか、彼はその瞬間に多くのことを悟り、カンフーマスターになりました。


そして彼はカン・フューリーを名乗り、今もマイアミの平和を守っているのです。


夜景をバックにポーズを決めるカン・フューリー。なお「KUNG FURY」の主演を務めるのは監督・脚本も務めるデヴィッド・サンドバーグ氏本人です。


オープニングの最後には「主人公がマイアミの夕焼けをスーパーカーの上に乗って見つめる」というあまりにも80年代センスにあふれる映像が流れます。


そしてこの映画の悪役こそが、悪の軍団ナチスを率いるアドルフ・ヒトラー。彼は1940年代のカンフーマスターであり、自ら「カン・フューラー」と名乗っていましたが、どうやら1985年にタイムスリップしてきた模様。


カン・フューリーは1940年代にタイムスリップしてヒトラーを倒そうと考えます。そこで出てくるのが、このアル・ヤンコビックのような見た目をしたハッカーマンです。


スーパーハッカーである彼は、いちいち音がピコピコと鳴るパソコンとパワーグローブであっさりとカン・フューリーをタイムスリップさせます。


しかしタイムスリップは失敗し、カン・フューリーは全く違う時代に飛ばされてしまいます。果たしてカン・フューリーは一体どうなってしまうのか、気になる続きは本編で見ることができます。


ところどころにちりばめられた80年代のファッションや文化、昔の映画によくあるような展開やそのパロディー、さまざまなレトロゲームへのオマージュが感じられる作品となっています。例えばナチス兵の首を脊椎ごと引っこ抜く以下のシーンは「モータルコンバット」のサブ・ゼロが見せるフェイタリティのパロディーとなっています。


映像クリエイターのデヴィッド・サンドバーグ氏がKickstarterで1万7000人を超える出資者から68万ドル(約7200万円)もの額を集めて製作した「KUNG FURY」は2015年に公開されて大好評を得ました。そのため「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」を製作したカッツェ・スミスの元で「KUNG FURY」の続編が製作されることが発表されました。もちろん前作に引き続きデヴィッド・サンドバーグ氏を監督に予定しているとのこと。

また、「KUNG FURY」の続編には「ターミネーター」「コマンドー」「プレデター」など、80年代における数々の有名アクション映画の主演を務めたアーノルド・シュワルツェネッガーの他、映画「X-MEN」シリーズでマグニートーを演じるマイケル・ファスベンダーも出演が決定しているとのことで、今後の展開に期待です。

・関連記事
25年以上続く人気格闘ゲーム「モータルコンバット」シリーズのショッキングな演出でとどめを刺す「フェイタリティ」を全てまとめたムービー - GIGAZINE

なぜ80年代の映画は今なお広く愛され続けているのか? - GIGAZINE

映画「ベスト・キッド」の続編となる新作ドラマ「Cobra Kai」の予告編が公開 - GIGAZINE

「ダースベーダー・カー」などの呼び名がある「80年代のスーパーカー」トップ10をエピソードと共に振り返るムービー「Top 10 Supercars From the 80’s」 - GIGAZINE

「80年代デザイン」独特の幾何学パターン&ビビッドカラーを生み出し世界に衝撃を与えたのは、1つのデザイン集団だった - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by log1i_yk