取材

ぶっ飛んだQ&Aで人気を博し書籍化まで果たした「とんかつ教室」のロースおじさん&ミンチーがまさかの立体化


ホームページ作成サービス「グーペ」の公式キャラクターブログでありながら、なぜかホームページ作成とは全く関係のないぶっ飛んだQ&Aを展開し、広報ブログでありながら異例の人気を集めたのが「とんかつ教室」です。書籍化LINEスタンプ化、さらには公式グッズの販売まで行っているという謎すぎる「とんかつ教室」から、登場キャラクターの「ロースおじさん」および「ミンチー」がまさかの立体化を果たしています。

立体化したロースおじさん&ミンチーがいるのは、4-09-12「プロスリンク」ブース。


これが立体化したミンチー。ツルッとした肌と丸々太った体はまさに豚のそれで、幼げな表情でミンチーらしさを表現しています。展示スペースではクルクル回転する台座の上に置かれており、エンドレスに回っている様子は無駄にシュールでした。


後ろ姿はこんな感じ。


横からみるとこう。足は細く感じますが、丸々太った体を軽々片足で支えるだけの強靱な足腰を有しています。


展示されているのは塗装見本で、購入すると以下のような真っ白な未塗装ミンチーがゲットできます。価格は4000円。


一生分ミンチーを見つめた気がしはじめたところで横を見ると……


ロースおじさんを発見。ロースおじさんはプロスリンクが初めてワンフェスに参加した際に販売したものだそうで、売れ残っていたものをワンフェスに持った来たそうです。価格は3600円でこちらも未塗装のガレージキットです。


側面はこんな感じ。豚の良さそうな見た目をしていますが、まさかコレがあのようなブログを展開していようとは……。


そして2018年冬のワンフェスでは色つきの「ロースおじさん カラーレジンキット」も販売されていました。価格は5000円。これで塗装ができないという初心者も気軽にロースおじさんがゲットできるようになります。

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2018[冬]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

これで「鳥獣戯画」を自宅でもリアル再現可能、蛙と兎のフィギュアが登場 - GIGAZINE

腕が4本・脚も4本、何かが間違っている気がする全身フル可動ダ・ヴィンチ「ウィトルウィウス的人体図」 - GIGAZINE

あらゆるものを裏から支える「黒衣(くろご)」をフル可動フィギュア化、紅白旗を持たせてどこかの格ゲーみたいなことも可能 - GIGAZINE

ムンクの「叫び」が手ハートをキメたり動かしたりし放題の全身フル可動フィギュアに - GIGAZINE

in 取材, Posted by logu_ii