取材

「宝石の国」のフォスとダイヤのかわいらしいフィギュア&まさかの金剛先生も


市川春子原作の漫画・アニメ「宝石の国」のキャラクターであるフォスフォフィライト(フォス)ダイヤモンド(ダイヤ)のフィギュアが、ワンダーフェスティバル 2018[冬]に登場しました。

フォスが展示されていたのは商業原型を製作している株式会社モワノーのブース。到着時にはすでに完売していましたが、買えなくても一目フォスを見たい人や写真撮影したい人のために、展示が続けられていました。


ちょっと落ち着いた印象のフォス。よく見ると右脚のふとももに亀裂が入っているのがわかります。


髪の毛はクリアパーツになっていて、光を受けて宝石のように輝いています。


続いて、サークル乙女の欲望+のブースにダイヤが展示されているのを見つけました。販売価格は7000円でしたが、こちらも到着時には完売済み。


瞳も髪もキラキラと輝き、まさにダイヤ。こちらも髪はクリアパーツで、おまけで髪とまつげ用の偏光セロハン付きです。


ダイヤが座る台座(非売品)もダイヤモンドをイメージしてカットされており、クリアできれいなイメージ。足下に転がる透明な花もダイヤの透き通った美しさを際立たせており、フィギュア本体だけでなく展示方法も、フィギュアの見せ方における大事な要素なのだと気づかされます。


そして、ホールを回っているとフォスやダイヤが「先生」と慕う金剛先生を発見。展示していたのはサークルあゐの抹茶ラテ日記のブース。


金剛先生フィギュアは重さ約750カラット(約150グラム)で5000円とのことで、「カラットあたり最安値の金剛先生」というあおり文句が貼られていました。


当の金剛先生がどう思っているのかは、物静かな表情に隠されてわかりません。


また、グッドスマイルカンパニーのブースにも「宝石の国」よりフォスとアンタークチサイトのフィギュアが展示されていました。


フォスは原型製作が石長櫻子氏で、彩色が彩色師の広瀬裕之氏。


少し大人びた表情のフォスの左手は砕け、きれいな宝石の輝きが放たれています。


アンタークチサイトの原型製作はカミツレ小夜子氏、彩色はフォスと同じく広瀬氏です。


ひびの入ったアンタークチサイトは、人差し指をそっと口に当てるようなポージングをしていました。

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2018[冬]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

「宝石の国」の「シンシャ」・「プリズマ☆イリヤ サファイアVer.-WSC Edition-」・「宇宙服少女-休息-」などワンダーショウケース第32期、今回もある意味濃い面々 - GIGAZINE

「ご注文はうさぎですか?」ドールなリゼや軍服姿のココアなどごちうさいろいろまとめ - GIGAZINE

「月曜日のたわわ」の「アイちゃん」のゆれ弾む躍動感を的確に立体物として表現 - GIGAZINE

「キズナアイ」がバーチャルYouTuberからついに現実世界へねんどろいどとして登場 - GIGAZINE

in 取材,   マンガ,   アニメ, Posted by log1h_ik