×
取材

ロードバイクの造形にこだわりとリアルさが感じられる「イプシロンver.WSC」、その理由とは?


「彼が7年ほど前まで家電メーカーのプロダクトデザイナーを生業としていた」という経歴がワンフェス2018[冬]ワンダーショウケース選出理由になっているだけのことはあり、ロードバイクはなんと3Dソフトによる設計。最終的には「自分でデザインしたロードバイク(ミニベロ)を実際に自分が乗車することができる1/1サイズにて製作してみたい」と原型師であるsuzuさん本人がコメントするだけのことはあります。


全身はこんな感じ。ロードバイクを携えるオリジナルの女の子です。


頭にはゴーグルが装着されています。


確かにこういう感じでロードバイクを走らせに行く雰囲気は実際にありそう。


「プロダクトデザイナーなりの視点」がロードバイクのクオリティーの高さにつながっています。


1/7スケール(全高190mm)レジンキャストキットは30個限定の会場販売分が税込1万2500円、一般販売価格が税別1万6500円となっています。

なお、これまでのロードバイク+美少女シリーズというのは以下のような感じです。


また、今回のワンフェス2018[冬]では一般ディーラーとしても参加しています。

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2018[冬]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

「宝石の国」の「シンシャ」・「プリズマ☆イリヤ サファイアVer.-WSC Edition-」・「宇宙服少女-休息-」などワンダーショウケース第32期、今回もある意味濃い面々 - GIGAZINE

フィギュア造形経験ゼロでもCGスキルの力で超絶クオリティを実現できる新デジタルモデリング革命「ワンダーショウケース」第31期選出作品まとめ - GIGAZINE

ロードバイクに「隠しモーター」をこっそり取り付けるとこんな感じ - GIGAZINE

ロードバイクが宙を飛ぶ、自転車トライアルの元王者がアリエナイ場所を走るタマヒュンムービー - GIGAZINE

なぜ冬になると自転車のスピードはなかなか上がらなくなってしまうのか? - GIGAZINE

in 取材, Posted by log1d_ts