メモ

ついにMPEG2の特許が消滅


2018年2月13日にアメリカで残っていた最後のMPEG2に関する特許が期限切れを迎えました。

MPEG-2 Patent List
http://www.mpegla.com/main/programs/M2/Pages/PatentList.aspx

MPEG2はMoving Picture Experts Group(MPEG)によって策定されたビデオフォーマットで、テレビ放送やDVDなどのメディアなどに広く利用される、最も一般的なビデオ標準規格です。MPEG2の特許を管理するパテントプールのMPEG LAがMPEG-2の特許リストを更新し、2018年2月13日にアメリカ国内で残っていた最後の特許が期限切れを迎えたことを明らかにしました。


すでに特許が切れていた「AC-3」や「MP3」に引き続いて、デジタルコンテンツを支えてきた主役であるMPEG2の特許権が消滅したことは、デジタルコンテンツにとって歴史的な節目となりそうです。

ついにドルビーデジタル(AC-3)の特許権が消滅 - GIGAZINE


MP3の特許を持つTechnicolorの特許権が消滅 - GIGAZINE


MPEG2の特許権消滅によって、これらの特許を利用しているフリーソフトはライセンス使用料の支払い義務がなくなり、また、特許権侵害の責任を追及される心配がなくなるため、ソフトウェアでのMPEG2の利用があらためて見直される可能性があります。MPEG2の特許消滅について、ネットでは「最高のバレンタインデーになった」という感想や、「AC-3の期限切れと合わせて組み込みチューナーはライセンス料なしで生産できるのか」などの、歓迎の声が寄せられています。

なお、アメリカでは特許切れとなったMPEG2ですが、「フィリピンとマレーシアでは特許権は依然として存続している」という点には注意が必要です。

・関連記事
ストリーミング動画の流れによって曲がり角を迎えるMPEGについて「MPEGの父」は何を思うのか? - GIGAZINE

Appleも加わったオープンソース動画コーデック「AV1」は本当に業界スタンダードの座を奪えるのか? - GIGAZINE

14年間もネットを震撼させ続けたEolas社の恐るべき特許とは? - GIGAZINE

ファイルサイズが従来の2分の1になる新ムービー形式「HEVC(H.265&MPEG-H Part 2)」 - GIGAZINE

GPUを使ってH.265で爆速エンコードが可能な無料ソフト「A’s Video Converter」を使って4Kムービーをエンコードしてみた - GIGAZINE

in ソフトウェア,   メモ, Posted by logv_to