試食

やわらか牛肉にコリコリしたザーサイとニンニクしょう油のタレが絡んだ松屋「ガリたま牛めし」を食べてみました


松屋で「ガリたま牛めし」が2018年2月6日(火)から登場しています。ニンニクしょう油のタレと生玉子をトッピング、さらに刻んだザーサイも加えられて、食べごたえのあるスタミナ満点の一品となっているとのこと。どんな味なのか気になったので、実際に食べに行ってみました。

ガリたま牛めし新発売!|松屋フーズ
https://www.matsuyafoods.co.jp/2018/01/31/4172/


松屋にやってきました。


店の前には「ガリたま牛めし」のポスターが貼られてアピールされていました。


注文から5分ほどして、ガリたま牛めしの並盛(税込400円)が席まで運ばれてきました。刻んだザーサイと刻みのりがトッピングされているのが見えます。


まずは玉子なしで食べてみます。ザーサイの強い塩気、さらにニンニクの風味でかなりパンチの効いた味わいになっています。やわらかい牛肉の中で、ザーサイのコリコリとした小気味いい食感がいいアクセントになっています。


続いて生玉子を投入。


さらに黄身を崩して肉と絡めて食べてみます。とろっとした黄身は牛肉やザーサイによく絡みます。玉子の黄身によってにんにくしょう油とザーサイの塩気がまろやかになり、さらに食べやすくなりました。


ガリたま牛めしは2018年2月6日(火)から並盛は税込400円で、大盛は税込500円で松屋の全国店舗で注文可能。ただし、大井競馬場店など一部の店舗では提供されていないとのことなので、注意が必要です。また、ガリたま牛めしを注文した場合に限って豚汁を100円で提供するサービスも実施されるとのことです。

・関連記事
とろ~りチーズとピリ辛鶏肉をまぜまぜして食べる松屋「チーズタッカルビ定食」を食べてみた - GIGAZINE

「牛めし」の松屋が中華料理に乗り出した「松軒 中華食堂」へ行ってきた - GIGAZINE

松屋フーズ創業50周年を記念した公式キャラクター「マッキー&ヤッキー」が誕生、LINEスタンプも提供を開始 - GIGAZINE

カレーうどんの概念を完璧にひっくり返すまさかの「白いカレーうどん」を食べてきました - GIGAZINE

ジューシーで柔らかな豚肉に甘辛いウスターソースのタレが絡んだなか卯「豚テキ重」が「けものフレンズ」とコラボしていたので食べてきました - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1i_yk