動画

ドラゴンと新人搭乗員のお仕事アニメ「ひそねとまそたん」、樋口真嗣総監督&キャラクター原案・青木俊直さんによる解説インタビュー映像公開


航空自衛隊に管理されているドラゴンと、その新人搭乗員との交流や「お仕事」を描くオリジナルアニメ「ひそねとまそたん」が2018年4月から放送開始となります。この作品について、総監督を務める樋口真嗣さんと、キャラクター原案を務める青木俊直さんが見どころや制作工程を語る先行解説インタビュー映像が公開されました。2人の語りにあわせて、青木さんによるラフスケッチ制作過程も見られます。

TVアニメ『ひそねとまそたん』樋口総監督&青木俊直 先行解説インタビュー【HD】2018年4月放送 - YouTube


アニメにはまだ「オリジナルをやりましょう」と言ってくれる余地があり、うらやましい世界だと語った樋口さん。


樋口さんによれば、青木さんの生み出すキャラクターは「ピュア」。そこに、岡田麿里さんが「毒」を盛り込むところに期待感があるとのこと。青木さんは毎週の脚本打ち合わせにもコンセプトアーティストとして同席。その場で青木さんが描いた絵に樋口さんらが要望を出し、それを反映するというライブ感のある脚本制作が行われたそうです。


青木さんはiPad ProとApple Pencil、アプリとしてはProcreateを使用しています。このアプリは、できあがった絵を保存するだけではなく、その過程がすべて保存されていて、今回のインタビュー映像では実際に青木さんがひそねのいろいろな表情や服装をどう描いていったのかが詳らかに公開されています。


「ひそねとまそたん」は、ざっくりいえば「人はひとりじゃ生きていけない」という物語だとまとめた青木さん。そういうときに拠り所になるのは必ずしも人とは限らない……ということなので、この2人(1人と1匹)の関係にも注目です。


樋口さんがアニメの監督を務めるのは本人も語るように約20年ぶりのこと。どういった作品ができあがるのか、非常に楽しみです。放送は2018年4月から、TOKYO MXとBSフジなどでスタートです。

・スタッフ
原作:BONES・樋口真嗣・岡田麿里
総監督:樋口真嗣
監督:小林寛
シリーズ構成:岡田麿里
キャラクター原案:青木俊直
キャラクターデザイン:伊藤嘉之
メインメカニックデザイン:河森正治
モンスターコンセプトデザイン:コヤマシゲト
コンセプトデザイン:okama
軍事考証:小柳啓伍
美術デザイン:平澤晃弘
美術監督:金子雄司
色彩設計:小針裕子
撮影監督:佐々木康太
3DCG監督:安東容太
編集:奥田浩史
音楽:岩崎太整
音響監督:山田陽
音響効果:野口透
アニメーション制作:ボンズ
公式サイト:http://hisomaso.com
公式Twitter:@hisomaso_anime
ハッシュタグ:#ひそまそ
©BONES・樋口真嗣・岡田麿里/「ひそねとまそたん」飛実団

・関連記事
樋口真嗣監督が特撮業界に入ったキッカケ・特撮に携わる者としての思いについてインタビュー - GIGAZINE

日本アニメではなぜ徹底的に電線が描かれるのか?を海外メディアが推察 - GIGAZINE

2018年冬季開始の新作アニメ一覧 - GIGAZINE

in 動画,   アニメ, Posted by logc_nt