動画

「ぼっち飯」をなくすため高校に「みんなで食事をともにするランチクラブを作る」という逆転の発想とは?


学校での昼食時に周りが集団で食事をしているのに、自分一人だけで食事を取っていると疎外感を感じるものです。しかし、「人と話すのが苦手」など、個人的な事情により友達を作れない人にとっては、毎日のこの時間に大きな苦痛を感じるもの。Great Big Storyが公開している以下のムービーでは、フロリダ州にあるボカラトン・コミュニティ高校に「みんなで食事をするクラブ」を作り、さまざまな事情で、昼休みに孤立している生徒たちに対して、新しいコミュニティを作る取り組みを行っています。

The Lunch Club Making High School More Inclusive - YouTube


誰も不安を感じる必要はありません。みんな同じように不安や孤立感を感じて戦っています。


そして、誰もが何かしらの自信を持っているはずです。


「『君の名前は?』と尋ね、握手をすることから始まります」と話すのは、「みんなで食事をするクラブ」の設立者であるDenis Estimonさん。


「私はハイチから移住してきたため、英語が話せず、孤立していた経験があります」


「この学校には、約3000人の生徒がいて、昼休みに孤立している人を何人も見つけることができました。彼らは決して孤立したいのではなく、会話ができない原因があり、友達を作れないのです」とクラブ共同設立者のJean Max Meradieuさんは語っています。


クラブのメンバーの男性は、「英語が話せなかったので、いつも廊下に座って、スマートフォンを使って宿題をしていました」と話し……


同じくメンバーのこの男性は「僕は友達を作るのが苦手だった」と話しており、昼休みに孤立しているのは、決して孤立したいわけではないことがわかります。


「だから、私たちはこのクラブを始めようと決意しました」


「僕はこのクラブで、同じく英語が話せない人と会い、友達になりました」


「そして、近くにこんなにクールな人たちがいたという事実に驚きました。」


「みんなが一緒に食事をして、お互いのことを共有できるから、新しいコミュニティが生まれるのです」


「皆さんがここに集まった理由は、学校をコミュニティに変えることですよね。まずは友達から離れて、新しい人に会いましょう。」


「このクラブはみんなで一緒に食事をすることで、お互いの関係を築いていくことが目的です」


「我々の活動を見ると、新入生の歓迎会のように見えるかもしれません。それでも、彼らのリーダーシップを伸ばす機会になるかもしれませんし、変化を与えるきっかけになる可能性があります」


「私たちは、この活動をボカラトン・コミュニティ高校だけではなく、国内の学校はもちろん、海外にまで広めていきたいと考えています」とクラブ共同設立者のAllie Sealyさんが締めくくっています。

・関連記事
いじめられっ子を厳ついバイク乗りたちが集団登校状態でエスコートしていじめを解決 - GIGAZINE

生まれつきあごがない少年が自分の「声」を見つけるまでの物語 - GIGAZINE

クリント・イーストウッドが学校でいじめられそうになった時に何をしたのかを語る - GIGAZINE

少年はなぜ銃撃事件を起こしたのか?を描くショートフィルム「Evan」が戦慄 - GIGAZINE

【1日230円の食べ放題ランチ編】「クリエイティブな人を生み出すオフィスとは?」を体感する「Booking.com」オランダ本社潜入レポート - GIGAZINE

in 動画,   , Posted by log1j_ty