地下トンネルを掘るためにイーロン・マスクが作った会社が火炎放射器を開発


電気自動車や自動運転カーを開発している「テスラ」や民間で宇宙を目指す「SpaceX」の創業者であるイーロン・マスク氏は、都市の渋滞を地下トンネルで解消する構想を持っていて、実際に「The Boring Company」という会社を作ってロサンゼルスの地下にトンネルを掘っています。しかし、このトンネルを掘る「The Boring Company」の新製品として発表されたのは、なぜか火炎放射器でした。

Flamethrower - The Boring Company
https://www.boringcompany.com/flamethrower


お遊びで「火炎放射器のような見た目のモデルガン」を作ったのかと思いきや、実際に使用可能なブツです。

Great for roasting nuts

Elon Muskさん(@elonmusk)がシェアした投稿 -


イーロン・マスク氏自身も火炎放射器を持ってカメラに走り寄る映像を公開。

Don’t do this. Also, I want to be clear that a flamethrower is a super terrible idea. Definitely don’t buy one. Unless you like fun.

Elon Muskさん(@elonmusk)がシェアした投稿 -


公式サイトでは「どんなパーティーでも盛り上がることうけあい!」とのうたい文句で、500ドル(約5万4000円)の価格で事前予約を受付中。発送は2018年春から行われる予定です。海外への発送には手数料等が別途必要で、購入時には事前に購入条件同意書を送付しなければならないとのこと。日本についても恐らく同条件で購入が可能とみられますが、問題なく税関を通過できるのかどうかは不明です。

また、消火器も30ドル(約3260円)で同じように事前予約を受け付けていますが、こちらは「法外な値段」を自称しています。製品写真は公開されていません。

・関連記事
マッドマックスに登場する火炎放射ギターを本当に作った猛者が登場 - GIGAZINE

合法の「火炎放射器」が登場している理由とは? - GIGAZINE

都市の渋滞を地下トンネルで解消する「Boring Company」が車両イメージ画像と実験施設写真を公開 - GIGAZINE

イーロン・マスクの「時速200kmの地下トンネル網構想」、SpaceXの地下に初のトンネルが一部完成 - GIGAZINE

ニューヨークからワシントンDCまでを30分で結ぶ「ハイパーループ」の建設承認を取り付けたとイーロン・マスク氏が発表 - GIGAZINE

「トンネルを掘る」と言ったマスク氏のつぶやきから始まった「地下トンネル構想」のイメージムービー - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by logc_nt