ゲーム

90cmのUボート模型と潜望鏡アプリを使った本格的な潜水艦シミュレーションボードゲーム「UBOOT:The Board Game」


ドイツでは潜水艦のことをUnterseeboot(ウンターゼーボート)と呼び、その略称である「Uボート」は特に第一次・第二次世界大戦時のドイツ海軍の潜水艦を指します。Uボートは1981年公開の「U・ボート」や2000年公開の「U-571」など映画の題材にも扱われるほど人気がありますが、このUボートを題材にし、なんと模型のUボートを使ってプレイするボードゲームが「UBOOT:The Board Game」です。プレイ人数は1人~4人、プレイ時間は30分から120分を想定されています。

UBOOT:The Board Game(@UbootBoardGame)さん | Twitter
https://twitter.com/ubootboardgame


「UBOOT:The Board Game」がどういったゲームなのかは以下のムービーを見るとよく分かります。

UBOOT: TBG - Kickstarter Trailer (launch: 22 January) - YouTube


「UBOOT:The Board Game」で一際目を引くのが巨大なUボートの模型。Uボートの模型は72分の1というスケールで、全長は90cmもあり、単なる雰囲気作りのアイテムではなく、ゲームで使う紙製のボードとなっています。


Uボートは3分割できるようになっているので、取り扱いも簡単です。


そのボードに配置するのが、樹脂粘土で精巧に作られた乗組員のフィギュアで、ゲームの状況に応じて、Uボートの内部に配置します。


プレイヤーは、船長・副長・航海長・機関長という4種類の役職のどれかについて、協力しながら任務達成のために尽力します。例えば船長は海上任務を達成するために戦略を練り、同時に乗組員の士気を保つという役割があります。


機関長はエンジンやスクリューなど、技術的な部分を一手に引き受ける仕事で、圧力の調整や整備を行います。プレイヤーに配られる機関長のプレイヤーボードには、圧力計のメーターが見えます。


航海長はさまざまな状況を戦術的に分析する役目にあります。


海図の上に定規や分度器を使って線を引き、おおまかな航路を決定します。


さらに敵が現れた時に潜水艦をどのように動かし、攻撃するかという戦術を練る必要があります。航海長のプレイヤーボードには戦術ボードがついているのが見えます。


副長には乗組員の健康を維持する役割もありますが、ソナーで敵の位置を把握する、潜望鏡で潜水艦の周囲を見張るなどの重要な役割があります。


潜望鏡はiOS版・Android版・PC版でそれぞれアプリが用意されています。スマートフォンやPCを使って索敵を行い、情報を共有し、勝利と任務達成を目指します。またアプリからはドイツ語音声や効果音が流れ、ゲームの雰囲気をさらに盛り上げます。


PHALANX社は「UBOOT:The Board Game」の製品化を目指して、Kickstarterで出資を募集中です。目標額は6万5000ポンド(約1000万円)としていますが、記事作成時点で既に42万ポンド(約6500万円)を超える出資が集まっています。65ポンド(約1万円)以上の出資を行った場合、特典として「UBOOT:The Board Game」の入手が約束されています。配送開始は2018年12月を予定していて、日本へ配送を行う場合は30ポンド(約4700円)の送料が別途必要になります。

また追加で出資することで、ゲームで使えるアイテムをつけることも可能です。ゲーム中で災害をあらわすフィギュアを12ポンド(約1900円)で、ゲーム中で航海長が使う木製のより本格的な分度器・定規・鉛筆が10ポンド(約1600円)で、またプレイに使える大きなプレイマットを12ポンド(約1900円)でつけることができます。他にもPHALANX社が出しているゲームを8ポンド(約1200円)から同時に入手することが可能です。


「UBOOT:The Board Game」は、日本時間で2018年2月15日(木)14時まで出資を受け付けており、下記のリンクから出資することができます。

UBOOT The Board Game by PHALANX — Kickstarter

・関連記事
「Kickstarter」へ出資してゲットする方法&出資しまくった経験からわかった注意点まとめ - GIGAZINE

カラフルな森の妖精や自然の力を誰よりもたくさん集めて勝利を狙うボードゲーム「Spirits of the Forest」 - GIGAZINE

自動販売機のミニチュアや東京の地下鉄路線図を使って遊べる「TOKYO JIDOHANBAIKI」「TOKYO METRO」「TOKYO JUTAKU」 - GIGAZINE

サメの群れが水深700mで逃げ場なしの潜水艦を攻撃するパニック映画のような映像が公開中 - GIGAZINE

英高級車メーカーのアストン・マーティンがラグジュアリーなプライベート潜水艦「Project Neptune」のデザインを公開 - GIGAZINE

in ソフトウェア,   動画,   アニメ, Posted by log1i_yk