無料でバトルロイヤルが楽しめるオンラインマルチプレイ対戦2Dゲーム「surviv.io」をプレイしてみた


合計100人のプレイヤーが離れ小島に上陸し、その場で見つけた武器や道具を装備して闘うバトルロイヤルゲームとして世界中で人気を博しているのが「PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)」ですが、PCでプレイするには要求するスペックが高く、ゲーミングPCを持っていないプレイヤーは快適にプレイできません。そんなPUBGを超簡略化&2D化したようなフラッシュゲーム「surviv.io」が登場しており、普通のノートPCでも「PUBGっぽい」ゲームが楽しめるとのことなので、実際にプレイしてみました。

surviv.io - 2d battle royale game
http://surviv.io/

まずは公式ページにアクセスし、適当なプレイヤー名を入力します。次にプレイするサーバーを選択できるので、今回は「Asia」をクリック。


ランダムプレイヤーとコンビを組んでプレイすることもできますが、今回は「Play Solo」を選択します。


ロードが終了するとマップが展開し、いきなりゲームがスタート。「Surviv.io」はゲームに参加するプレイヤーの人数が一定数集まるとゲームがスタートし、ゲーム開始後しばらくの間は新しく「Play」を選択したプレイヤーが参入してきます。プレイヤーが操作するのは画面中央にある丸が3つ組み合わさったベージュのシンプルなアイコン。


マップの左上には現在の生存者数と死亡したプレイヤーの名前、持っている道具が表示されます。


プレイヤーは「W」でマップを上に、「A」で左に、「D」で右に、「S」で下方向に移動することが可能。


マップを移動して見つけた木箱や柱は、マウスカーソルを合わせてクリックすると殴ることができ、根気強く殴り続けると壊すことができます。


木箱を壊すと、何もアイテムが出てこないときもありますが、運がよければ中からアイテムがドロップします。今回は道具を入れるバックパックがドロップしました。


アイテムをゲットするには、プレイヤーアイコンを道具の上に移動させて「F」を押します。


建物の中には武器などのアイテムがあることが多いですが……


今回発見できたのは2xスコープのみでした。


2xスコープを手に入れると、それまで縦2マス×横3.5マス分しか表示されなかったマップが……


以前と比べて2倍の面積が表示されるようになります。


赤枠部分に流れる線は、他プレイヤーが発射した銃弾。これらを見逃さないようにすることで、相手の姿が見えなくても「だいたいここらへんにいるな」「こっちの存在に気づいてるな」ということがわかります。


敵が武器を持っているのに対しこちらは手ぶらなため、闘っても勝ち目がないことは明白。慌てて逃げた先に武器と弾を見つけました。武器と弾にはそれぞれ色があり、赤い武器には赤い弾、黄色い武器には黄色い弾という風に対応しています。色の違う武器と弾は一緒に持っていたとしても使えません。


武器と弾を手に入れると自動的に弾をロードし、画面右端の表示で残り弾倉数をチェックできます。銃口の向きはマウスカーソルで調節でき、弾を発射するときはクリックすればOK。


画面の端に見える赤いゾーンに入るとプレイヤーはダメージを受けてしまいます。ゲーム序盤は気をつけて入らないようにすれば大丈夫ですが、ゲームが進むにつれて赤いゾーンが拡大し、プレイヤーが動ける範囲が狭くなっていくので……


赤いゾーンが近づいてきたら逃げる必要があります。


赤いゾーンが最終的にどこまで動くのかは、画面左下のマップを見るとわかります。マップに表示されている白線のラインが、赤いゾーンが移動してくる位置です。


武器を持ったプレイヤー同士がエンカウントすると、壮絶な撃ち合いが始まります。


画面下部のゲージがプレイヤーの体力を表していて、これがゼロになるとやられてしまいます。こちらもだいぶダメージを食らったものの、武器の威力で上回っていたため……


今回の戦闘はこちらが勝利。


プレイヤーが倒されるとその地点にドクロマークが表示され、周囲には倒されたプレイヤーが所持していたアイテムが散らばります。相手がドロップしたアイテムは拾うことができます。


続いて新しい敵を見つけたため、こちらから戦闘を仕掛けますが……


反撃されてあっさりとやられてしまいました。


他のプレイヤーに倒されてしまうと、自分が死んだ時点でのランク(死んだ順番)が表示されます。もう一度プレイしたいときは「Play New Game」をクリックすると、最初の「Play Solo」か「Play Duo」を選択する画面に戻ります。


「Surviv.io」をプレイしている様子は以下のムービーから確認できます。

PUBG「っぽい」オンライン対戦ゲーム「Surviv.io」をプレイしてみた


マップにあるものをとりあえず殴ろうと、この灰色の物体を殴り続けていると……


まさかの爆発。どうやら火薬の入っているドラム缶だったようで、ゲーム開始後わずか10秒ほどで死んでしまいました。


別のプレイでは、武器を持っていない敵を発見。こちらも武器を持っていませんが……


とりあえず殴ってみることにしました。


すると、なんとパンチでも敵を倒すことができる模様。


素手の状態で高火力武器を持つ相手に一方的にやられることもあり、「やっぱり武器を持っている者が強いんだな」と思いきや……


武器を持っているにもかかわらず、素手の敵にボコボコにされることもありました。自分がリロードに時間のかかる武器を持っているとき、相手がさっさと間合いを詰めて肉弾戦に持ち込まれると武器を捨てたほうが有利になることもあるようです。


「Surviv.io」は2Dかつシンプルなビジュアルですが、しっかりとバトルロイヤルが楽しめるゲームとなっていました。PUBGをプレイできるスペックのPCを持っていない人でも、「Surviv.io」をプレイすれば多人数バトルロイヤルゲームの楽しさが味わえそうです。

・関連記事
謎に満ちた冷戦下の「東ドイツのゲーム事情」とは? - GIGAZINE

VRゲームを用いて銃乱射事件が発生した場合をシミュレーションする計画 - GIGAZINE

伝説のゲーム「魂斗羅」が無料&最新グラフィックでよみがえった「Contra 2028」で遊んでみた - GIGAZINE

倒されても倒されても繰り返しダンジョンに挑み脱出を目指すNintendo Switch「ドラゴンファングZ 竜者ロゼと宿り木の迷宮」レビュー - GIGAZINE

「大富豪」を豊富なローカルルールで遊び倒せる無料ソフト「D貧民」で遊んでみた - GIGAZINE

in レビュー,   動画,   ゲーム, Posted by log1h_ik