ゲーム

カラフルな森の妖精や自然の力を誰よりもたくさん集めて勝利を狙うボードゲーム「Spirits of the Forest」


古代の森に住んでいるさまざまな妖精、そして太陽・月・風の力を一番多く集めたら勝ちというゲームが「Spirits of the Forest」です。ルールは簡単で20分ほどで遊べて、カードや宝石など同梱物の見た目もカラフルでファンタジーの雰囲気漂うゲームとなっています。

Spirits of the Forest | ThunderGryph Games
https://thundergryph.com/spirits-of-the-forest/


以下のムービーを見れば「Spirits of the Forest」がどうやって遊ぶゲームなのかよく分かります。

Spirits of the Forest - How to Play - YouTube


ゲームを開始する前に、まずは用意されている48枚のカードを、12×4列になるように並べます。さらにカードの上に白いチップ8枚を、裏を向けた状態で配置します。この並べたカードが「森」になります。


木・水・火・空気の精霊から1色を選び、プレイヤーは同じ色の精霊石を3つずつゲットします。これで準備完了です。


カードには妖精が1匹、もしくは2匹描かれています。妖精は全部で9種類。蛇のような姿をしたものもいれば、犬のような姿をしたものもいて、バリエーション豊かなデザインです。描かれている妖精の種類によって、カードの色も決まっています。


そしてカードに書かれている数は、描かれている妖精の総数を表します。また、カードによっては風・太陽・月という自然のシンボルマークのどれか1つが、妖精と一緒に描かれています。


プレイヤーは好きな色のカードを、「森」の左右の端から一度に2枚まで取ることができます。ただし、違う色のカードを同時に2枚取ることはできません。


例えば以下の画像の場合は、黄色い点線で囲まれた8枚のカードから選びます。赤色のカードを取る場合は、右端に2枚あるので、2枚とも取ることができます。


しかし、灰色のカードを取る場合は、このターンで取れるのは左端にある1枚だけです。違う色のカードを同時にゲットすることはできないというわけ。


カードにコインが載っていた場合、コインごとカードをゲットできます。


コインの裏には、妖精や自然のシンボルマークが描かれています。コインをゲットした場合、他のプレイヤーにゲットしたコインに何が描かれていたかを公開する必要はありません。


手元にある精霊の石は、自分のターンに好きなカードの上に1つだけ置くことができます。カードの上に石を置くと、相手はそのカードを取ることができません。どうしても取りたい場合は、自分の石を代わりに1つだけ捨てなければなりません。一例として以下の画像の場合、黄のプレイヤーが、左端にある白い石が載ったカードを取りたい時は……


自分の石(黄色)を1つ捨てることでカードをゲットすることができます。カードに載っていた白い石は、白のプレイヤーの手元に戻ります。捨てた石は二度と使うことができません。


48枚のカードを全て取り終えたらゲーム終了です。プレイヤーは集めた妖精や自然のシンボルマークの数をそれぞれ数えます。


以下の画像の場合だと、黄のプレイヤー(左)は赤い妖精を3つ集めたのに対して、白のプレイヤー(右)はカードで妖精を3つ集めた他にも、赤い妖精のコインを1枚持っていました。この場合、白のプレイヤーは合計4つ集めたことになります。より多くの妖精を集めた白のプレイヤーは4ポイントをゲットできますが、負けた黄のプレイヤーはポイントをもらえません。


引き分けの場合は両者とも同じポイントをもらえます。


この要領で9種類の妖精をどちらのプレイヤーが多く集めることができたのかを計算し、最終的により多くのポイントをゲットしたプレイヤーが勝利となります。非常にシンプルなルールで、想定されているプレイ時間は約20分ほど。また1人から4人まで遊ぶことが可能です。


なお、この「Spirits of the Forest」は製品化を目指して、Kickstarterで出資を募集しています。目標額2万ユーロ(約270万円)に対して、記事作成時点で既に27万ユーロ(約3700万円)を超える出資が集まっています。出資額に応じて特典が約束されていて、日本への配送も予定されています。

12ユーロ(約1600円)の出資で、48枚の紙製カードおよびコイン、ゲーム中で石として使う4色の宝石、1人プレイ用のボードとメダルが付属した「Spirits of the Forest Retail Edition」をゲット可能。なお、日本への送料として8ユーロ(約1100円)が別途必要です。


30ユーロ(約4000円)の出資で、スリーブ付きの箱、48枚の木製カードおよびコイン、ゲーム中で石として使う精霊の姿が彫り込まれた石がセットになった「Spirits of the Forest Deluxe Edition」がゲット可能。また日本への送料として15ユーロ(約2000円)が別途必要です。


さらに70ユーロ(約9500円)以上の出資で、「Spirits of the Forest Collector's Edition」が約束されています。「Spirits of the Forest Collector's Edition」の内容は、「Spirits of the Forest Retail Edition」と「Spirits of the Forest Deluxe Edition」に加えて、追加の精霊石、イラストレーターのサイン入りポスター、金のメダル、資料集、ゲームを入れるための袋、スコアボードなどがセットになった「Spirits of the Forest Collector's Edition」がゲットできます。また日本への送料として15ユーロ(約2000円)が別途必要です。


なお、日本時間で2018年1月27日(土)午前0時まで出資を受け付けていて、以下のリンクから出資が可能です。

Spirits of the Forest by Gonzalo Aguirre Bisi — Kickstarter

・関連記事
「Kickstarter」へ出資してゲットする方法&出資しまくった経験からわかった注意点まとめ - GIGAZINE

無料で豊富なボードゲームをオンライン対戦可能なソフトウェア「VASSAL」を使ってみた - GIGAZINE

世界最強の囲碁AI・AlphaGoがあらゆるボードゲームを学習できる「AlphaZero」に進化 - GIGAZINE

宝石商となり美しい宝石を集めて商業帝国を作り上げ栄光と名声を勝ち取る「宝石の煌き」プレイレビュー - GIGAZINE

サイコロを自由にカスタマイズ、運さえも味方につけて戦略に取り込むボードゲーム「ダイスフォージ」開封の儀&実際に遊んでみたレビュー - GIGAZINE

in 動画,   ゲーム, Posted by log1i_yk