食べちゃいたいほどかわいいスター・ウォーズキャラ「ポーグ」のキャラ弁作成方法をディズニー公式が伝授


スター・ウォーズ/最後のジェダイ」で新登場となった「ポーグ」はクリクリした大きな目を持ち、その愛らしさから食べちゃいたいと思う人が続出したというキャラクターです。そんなポーグを実際に食べられるキャラ弁の作り方を公式が伝授するムービーが、YouTubeで公開されています。

Disney Parks How-To Make A Bento Box Magical: Porg From Star Wars: The Last Jedi


「ポーグ弁当」の作り方を伝授してくれるのはインスタグラマーのマイク・クラヴァニスさん。


収録場所はディズニー・ハリウッド・スタジオ内のスター・ウォーズ・ローンチ・ベイ


2017年12月15日(金)に公開された「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」で新登場したのが……


愛くるしい見た目の小動物、ポーグです。


早速マイクさんがポーグ弁当の作り方を紹介しようとすると……


「スター・ウォーズ」シリーズに登場する惑星タトゥイーンの原生種族である、ジャワが登場するハプニングが発生。


廃品回収業を営むジャワはマイクさんに何かいらないものはないかと要求してきますが、マイクさんは慣れた様子で箸を1本取りだし、ジャワに与えます。


すると、ジャワは代価としてR2ユニットの部品を渡してきました。


ジャワが退散したところで早速調理開始。マイクさんは調理台に敷いたラップの上に、炊きたてのお米をのせます。


どうやらおにぎりを作ってポーグの形を作っていくようです。「中に肉や野菜を入れてもいいけど、今回は何も入れずに作ります」と語るマイクさん。


まずはだ円形にしたおにぎりを1つ作りました。


どうやら他のパーツもお米を使って作るようです。マイクさんによれば「お米は粘着性もあって、キャラ弁にはぴったりなんだ」とのこと。


マイクさんはお米を平たくラップで包み……


クッキーの金型でくりぬきます。


ジェリービーンズ形のパーツと小さい円形のパーツを作り、ひとまずおにぎりが包んであるラップの上へ置きました。


続いて作ったのはとても小さいドーナツ状の2つのパーツ。


次は2枚の平べったいパーツを作ります。


さらにノリをはさみで切って……


三日月形に切り抜きました。


最後にブラックオリーブを薄く切り、準備は完了。


「さあ、盛り付けだ!」と意気込むマイクさんでしたが……


またもやジャワの2人が襲来。


今度は机の上にあった輪ゴムを渡して……


マイクさんはまたもや部品をゲットしました。


ジャワが去ったところで、マイクさんは2枚の平べったいパーツに黒ごまを振りかけます。


これで表面が黒くなった2枚の翼が完成。


次はおにぎりのてっぺんに、しょうゆで色を付けます。


そしてドーナツ状のパーツに切ったブラックオリーブをはめ込んで目を作り、おにぎりに貼り付けました。


次はジェリービーンズのようなパーツと小さい円形をしたパーツの真ん中に、三日月形のノリを貼って鼻と口に見立てます。


黒ごまを振った2枚の翼を貼り付けて……


両側からぎゅっと圧縮。


鼻の部分に黒ごまをつけると、ポーグの鼻らしくなってきました。


にんじんの葉をボウルに敷きつめて……


その上にポーグをのせます。


頭のてっぺんに黒ごまをのせると、さらにポーグ感アップ。


足の形に切ったにんじんを添えると、ポーグのキャラ弁が完成です。


ボウルの空いた部分にカレーなどを入れると、立派なお弁当になります。


できあがったポーグを正面から見ると、どうにも間抜けで憎めない顔つき。「食べちゃいたいほどかわいいけど、かわいそうで食べられない……」という気持ちになってきます。


ムービーの最後には2人のジャワも出てきました。

・関連記事
「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」でカイロ・レンが搭乗する「TIEサイレンサー」を実物大で自作してしまった猛者が登場 - GIGAZINE

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のライアン・ジョンソン監督がスター・ウォーズ完全新作三部作を制作へ - GIGAZINE

5000発の打ち上げ花火でスターウォーズの「デス・スター」を作って大爆発させるとこうなる - GIGAZINE

パックマンやダースベイダーなど、キャラをおいしく描いたピザアートいろいろ - GIGAZINE

キャラ弁からおもしろ野菜まで、めくるめくアーティスティックな食卓 - GIGAZINE

in 動画,   映画,   デザイン,   , Posted by log1h_ik