動画

ガソリンスタンドの中にあるロサンゼルスいちのインド料理店とは?


アメリカのカリフォルニア州にあるロサンゼルスは、アメリカでもニューヨークに次いで人口の多い都市で、また古くからアジア系移民を受け入れているという歴史があり、さまざまな民族が住む町でもあります。「The Bombay Frankie Company」は、ロサンゼルスにあるガソリンスタンドの中にあるインド料理屋で、現地で高い評価を受けています。以下のムービーでは、「The Bombay Frankie Company」がどうしてガソリンスタンドの中に店をオープンしたのかに迫っています。

L.A.’s Best Indian Food Is in This Gas Station - YouTube


ロサンゼルスを走る高速道路脇に「The Bombay Frankie Company」はあります。住所は「11261 Santa Monica Blvd, Los Angeles, CA 90025


ガソリンスタンドの前には看板が出ています。


ガソリンスタンドのコンビニエンスストアの一角にカウンターがあり、料理が提供されています。


カウンターの内側にはキッチンがあり、調理が行われています。


この店を設立したHiram Macさんです。もともとHiramさんの家族がこのガソリンスタンドのコンビニエンスストアを経営していたのが始まりとのこと。


「この店で売ってるお菓子やジュースは不健康で目新しいものもない。だから新鮮で無添加の食べ物を出そうと思ったんだ」


最初はちょっと変わった軽食を出すつもりだったのが、人気が出るにつれてどんどん手の込んだものを求められるようになり、それに応じてよりレベルの高い料理を用意するようになっていったとのこと。


カウンター内では本格的なカレーが鍋で煮込まれていました。


またカレーと一緒に食べるパンであるナンは、インドの伝統的なオーブンであるタンドールで焼かれています。


この店で最も人気のあるメニューはFrankieというインド風のブリトーです。


薄いナンでタンドリーチキンと各種野菜を一緒に巻いたFrankieは、インド料理をそのまま出すだけではなく、ロサンゼルスの市場に合わせてブリトーに似たメニューを提供しようと試行錯誤した結果生まれたとのこと。


「The Bombay Frankie Company」のスタッフの中心メンバーはHiramさんの家族や友人で構成されています。「人はよく仕事とプライベートを一緒にするなっていうけれど、文句はやってから言ってくれって思うよ」とHiramさんは語ります。


店のマネージメントやHP管理を行うのがHiramさんの妹のPriyankaさんです。


またシェフを務めるのはKamaljit Singhさん。


そしてスタッフ一同のみんな。


「インド料理を食べたことない人も圧倒させるような料理を出していきたい」というHiramさんの思いで営まれる「The Bombay Frankie Company」はロサンゼルスの住人たちにも受け入れられています。

関連記事
「麻薬的」と評され中毒者続出という本格インドカレーのパイオニア「デリー」の味をおうちで簡単に楽しめる「BALMUDA The Curry」を実際に作って食べてみました - GIGAZINE

インドでインド料理に飽きてスターバックスに行ってみたらやっぱりインド料理でした - GIGAZINE

日本再上陸で3時間以上の長蛇の列を作った「タコベル・渋谷道玄坂店」に行って噂のタコスを食べてきた - GIGAZINE

おいしいサンドイッチを作るために知っていそうで知らなかった基本がわかるレシピ本「サンドイッチの発想と組み立て」 - GIGAZINE

in 動画,   , Posted by log1i_yk