動画

ブルース・リーがヌンチャク型のライトセーバーをぶんぶん振り回して戦うムービーが公開中


ブルース・リーは「燃えよドラゴン」「死亡遊戯」などで知られる香港出身の俳優で、亡くなって40年以上たつ今もなお世界中から愛されるアクションスターです。そのブルース・リーの代表作の1つである「ドラゴン怒りの鉄拳」の1シーンを、まるでブルース・リーと悪役がライトセーバーで戦っているように編集したムービーを、Patrick Nanさんが公開しています。

Bruce Lee Lightsabers Scene Recreation - YouTube


障子を開けて部屋に入るブルース・リー。


物陰で息を潜めてライトセーバーを振りかざすのは、悪役の鈴木寛(橋本力)です。


ブォンとライトセーバーの赤い刀身がリーに襲いかかりますが、すんでのところで回避。


とっさに部屋のかもいから角材を奪い……


棒術のように扱いこれに応戦しますが、角材の端は返すライトセーバーに切り落とされてしまいます。


鈴木の構えるライトセーバーには、よく見ると日本刀のつばが見えます。


角材は、ライトセーバーに切られた痕が赤く焦げています。


リーが鈴木に角材を投げつけますが、鈴木はこれをライトセーバーでいなします。


そのまま鈴木は赤いライトセーバーで斬りかかります。ブルース・リーの鋼の肉体にライトセーバーの刀身が当たり、バチバチと火花が飛び散ります。


幸運にもかすり傷で済みますが、思わぬ一撃にリーも顔をしかめます。


ズボンの後ろに手を回すと……


ヌンチャクを取り出します。ブォンという音と共に、黄色い刀身が現れます。


リーはヌンチャク型ライトセーバーで、赤いライトセーバーを持つ鈴木に応戦します。ブォンブォンとライトセーバーが振り回される音、そして刀身がぶつかるバチバチという音が部屋に響きます。


刀身を出したまま、おなじみの素早いヌンチャクアクションを見せます。鈴木もライトセーバーでこれをいなすのが精いっぱいなようで、たじろぐような表情を浮かべます。


ヌンチャクを脇に挟みながら、鈴木とにらみ合います。刀身をむきだしのままで脇に挟んでいますが、熱くないのでしょうか……。


ホワチョウ!という怪鳥音と共に、ヌンチャクで鈴木に襲いかかります。


鈴木の額にヌンチャク型のライトセーバーがヒットし、火花が飛び散ります。


この一撃に鈴木はひるんで、ライトセーバーを落としてしまいます。


それを見て、リーもライトセーバー型ヌンチャクの刀身をしまいます。


Patrick Nanさんは1枚のファンアートから受けたイメージをそのままムービーにしてしまったとのこと。影響を受けたというファンアートはDeviantArtで公開されているもので、シスに囲まれながらブルース・リーがヌンチャクのようなライトセーバーを構えながら見得を切っています。

Bruce Lee Jedi by ameeeeba on DeviantArt

・関連記事
若き日のブルース・リーの戦いを描く伝記映画「Birth of the Dragon」予告編公開 - GIGAZINE

160万円するライトセーバーを生み出す「ヨーダ」と呼ばれる男 - GIGAZINE

なんとiFixitがジェダイの騎士の象徴「ライトセーバー」をバラバラに解体したレポートを公表 - GIGAZINE

「ブォンブォン」とジェダイのように対決できるライトセーバーを自分で作れる「Adaptive Saber Parts」 - GIGAZINE

ジャッキー・チェンこそが世界三大喜劇王の正当な後継者である理由 - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by log1i_yk