レビュー

Twitterで相互フォローしていないフォロワーを無料で自動的にリスト化してくれるウェブアプリ「フォロバくん」を使ってみた


Twitterで自分をフォローしてくれているフォロワーの中から、自分がフォローをしていないアカウントだけを抽出し、非公開リストとして自動的にまとめてくれるウェブアプリ「フォロバくん」が、アオヤマ ミントさんによって公開されています。フォロワーの管理を手動で行うと、人数によっては膨大な時間と労力を要しますが、「フォロバくん」を利用すればフォロワー管理が激烈にやりやすくなるので、慎重にフォローを返したい人にとってお役立ちなウェブアプリです。

フォロバくん - 非公開リストをチェックして気になるアカウントをフォロバしよう
https://followback.mintoaoyama.com/


スマートフォンのウェブブラウザから「フォロバくん」にアクセスすると、以下の画像のように表示されます。右上の「ログイン」か、もしくはページ下部に表示される「ログインしてリストを作成する」をタップします。


クリックすると、Twitterのアカウントにフォロバくんを認証させる画面が表示されます。Twitterにブラウザでログインしていない場合はアカウントとパスワードを入力し、「連携アプリを認証」をタップします。認証するとツイートやフォローの権限も譲渡してしまうように表示されますが、実際はツイートやフォローを行う機能はないと作者が公言しています。


ログインとアプリの認証に成功すると、「リスト作成中」という表示と共に以下のような画面が表示されます。


5分ほど放置してから手動でリロードします。「リスト同期中」と表示されればリストの作成は終了です。


また「フォロバくん」の認証は、PCのウェブブラウザからも行うことが可能でした。


試しにPCのブラウザからTwitterにアクセスして確認してみると、確かに「フォロバくん」という名前でリストが作成されていました。ただし、未フォローのフォロワー全員が一度にリストアップされるのではなく、記事作成時点では、1時間ごとに行われるリストの自動更新のタイミングで8人ずつの追加がなされました。


実際にリストを作成してから1時間後にチェックしてみると、登録されているアカウントが16人に増えていました。リストはデフォルトで非公開に設定されているので、他の人からリストを見られることがなく、安心して利用することができます。


「フォロバくん」で作成されたリストを確認すれば、自分をフォローしてくれたアカウントが普段どのようなツイートをする人なのかが、また同じような内容を定期的にツイートするだけのBOTアカウントではないかが、フォロワー一覧からいちいち探し出さなくても一発で分かるので、フォロワーの管理がかなりはかどります。また「フォロバくん」はTwitterの公式機能であるリストの作成と更新を行うだけなので、Twitterクライアントやウェブサービスを選ばずに利用できるのも大きなメリットと言えます。

・関連記事
サービス終了した任天堂「Miiverse」の懐かしいお絵かきなどを発掘できる「Archiverse」 - GIGAZINE

Twitter、日本の「あけおめことよろ」ツイートに耐えられず撃沈 - GIGAZINE

無料でTwitterやGmailなど60種類以上のサービスをまとめて管理できるツール「Franz」を使ってみた - GIGAZINE

画像にモザイクやガウスぼかしを施してTwitterに投稿できる「モザイクツイーター」を使ってみた - GIGAZINE

Twitterが複数ツイートをまとめるスレッド機能を公開、実際に使ってみた - GIGAZINE

一風変わった見た目の文字を簡単にTwitterに投稿できる「PlainStyle」を使ってみた - GIGAZINE

in レビュー,   ウェブアプリ, Posted by log1i_yk