モノトーンカラーの冬限定「ブラックティラミスパンケーキ」「ホワイトラムレーズンパンケーキ」をJ.S.PANCAKE CAFEで食べてきた


パンケーキカフェの「J.S. PANCAKE CAFE」で、「Black&White」をテーマにモノトーンカラーに仕上げられた「ブラックティラミスパンケーキ」「ホワイトラムレーズンパンケーキ」が、2018年1月9日から期間限定で提供されます。別添えのソースをかけるとさらに味も変化するとのことで、いったいどんなパンケーキなのか実際に食べに行ってみました。

FAIR: BLACK&WHITE モノトーンカラーの期間限定パンケーキ 1/9(火)〜販売! | J.S. PANCAKE CAFE 公式ブログ
http://blog.baycrews.co.jp/js-pancake/?p=10882


J.S. PANCAKE CAFEにやってきました。


店頭にはモノトーンが強調された看板が立てられていて、「ブラックティラミスパンケーキ」と「ホワイトラムレーズンパンケーキ」がアピールされていました。


席について注文して15分ほどすると、まず「ブラックティラミスパンケーキ」(税込1382円)が運ばれてきました。黒い皿の上に盛り付けられており、ココアパウダーがたっぷりと上から振りかけられています。


ココアとエスプレッソを混ぜ込んだというパンケーキは3段重ねで、一番上にはバニラアイスが盛り付けられていてかなりの高さです。以下の画像は長辺143.6mmのiPhone Xと並べて比べてみたところ。


さっそく食べてみようとナイフとフォークで入れると、うまく切れずに崩れてしまい、2段目と3段目の間のマスカルポーネクリームの層があらわになりました。クリームと一緒に、キャラメリゼされたアーモンドが挟まれているのが見えます。


切り分けて、バニラアイスものせていただきます。表面はさっくりと焼き上がっていますが中はふわふわ。ココアとエスプレッソを混ぜ込んだ生地は少し苦みがありますが、甘いバニラアイスと濃厚なマスカルポーネクリームに包まれてまろやかな口当たりです。


パンケーキと一緒に運ばれてきた別添えのソースはエスプレッソシロップです。バニラアイスの上からかけることでアフォガートのようにパンケーキを楽しむこともできるとのこと。


さっそくかけてみて食べてみます。エスプレッソシロップということでかなりの苦さを予想していましたが、思っていたよりも苦さは控えめで奥深い甘さです。コーヒーの香りが強く、アイスクリームにかけるとほろ苦さと香ばしさが加わります。


続いて「ホワイトラムレーズンパンケーキ」(税込1382円)が席に運ばれてきました。「ブラックティラミスパンケーキ」と反対に白い皿の上に盛り付けられていて、粉砂糖とホワイトチョコレートのかけらがちりばめられています。


上には大きなマシュマロが2つのせられています。


3段重ねのパンケーキの間からはラムレーズンクリームが挟まれていて、レーズンが顔をのぞかせています。


「ホワイトラムレーズンパンケーキ」の高さをiPhone Xと並べてみたところ。


今度は崩してしまう前にそっと一番上の段のパンケーキを外してみました。こんもりと盛られたラムレーズンクリームと一緒に、アーモンドナッツと砂糖の薄い焼き菓子であるダンテルがパンケーキの間に挟まれていました。


さっそく一口食べてみます。間に挟まれたダンテルはサクサクした食感で、なめらかなクリームともいい相性です。「ブラックティラミスパンケーキ」に比べるとかなり甘いのですが、ラム酒の香りとレーズンの甘酸っぱさで、上品な甘さに仕上がっています。


別添えのソースは、薄茶色が特徴的なメープルバターソースでした。


上からかけて食べてみると、メープル特有の香ばしさとコクがプラスされます。シロップはかなり甘いので、少しずつかけながら食べるのがよさげでした。


「ブラックティラミスパンケーキ」「ホワイトラムレーズンパンケーキ」はJ.S. PANCAKE CAFEの全国店舗で、2018年1月9日(火)から2月18日(日)までの期間限定で提供されます。また、フェア開催期間中の水曜日は「White Wednesday」として「ホワイトラムレーズンパンケーキ」が、金曜日は「Black Friday」として「ブラックティラミスパンケーキ」がそれぞれ半額になるキャンペーンも実施されます。なお、J.S. PANCAKEの店舗はここから確認が可能です。

・関連記事
直径約30cmのサクサクなオランダ伝統のパンケーキ「パンネクック」を「Pancakes Amsterdam」で食べてみた - GIGAZINE

めちゃくちゃ小さいミニチュアキッチンで指先サイズのローストターキーやドーナツを本当に調理する「Miniature Cooking」 - GIGAZINE

新鮮フルーツを思う存分味わいたい人のためのフルーツパーラー「果実園リーベル」 - GIGAZINE

サンドウィッチに秘められた力が目覚めるレシピ「本当に旨いサンドウィッチの作り方100」のサンドウィッチをいろいろ作ってみました - GIGAZINE

・関連コンテンツ

73

in 試食, Posted by log1i_yk