試食

一年の無病息災を祈って大戸屋の「春の七草ぞうすい」を食べてきた


2018年1月3日から大戸屋で「春の七草ぞうすい」が提供されています。公式のアナウンスによると「七草と白米を昆布出汁で炊いて、出汁と醤油ベースのあんをあわせたやさしい味の七草ぞうすい」とのこと。諸説ありますが、七草がゆを食べて1年の豊作と無病息災を祈る日である「人日の節句」1月7日の朝よりすこし早く大戸屋で春の七草を味わってきました。

春の七草ぞうすい|メニューのご案内|大戸屋 ちゃんとごはん。
https://www.ootoya.com/menu/detail/002623.html

大戸屋に到着。


さっそく、「七草ぞうすい」(税込み293円)を注文します。なお、七草ぞうすいは追加で税込み108円払うと、ご飯を白米から、ゴマなどが含まれた五穀米に変更できますが、今回は白米で注文しました。


七草ぞうすいがお茶わんに入って到着。


天面には茶色い醤油ベースのあんがかけられており、緑色の春の七草がちりばめられています。


iPhone 8とくらべるとこんな感じ。


食べててみると春の七草がシャキシャキとしていて、醤油ベースのあんと合わさり、だしが利いた優しい味なので新年会やお正月料理で疲れた胃にピッタリと感じました。


七草ぞうすいは一部の店舗を除き全国の大戸屋で2017年1月14日まで提供されている期間限定メニューなので、気になった人は早めに味わっておいたほうが良さそうです。

・関連記事
明治から続く老舗蔵元の酒粕と魚介だしを合わせた「たっぷり野菜と和出汁の酒粕鍋定食」を食べてみた - GIGAZINE

東京駅で極太・生米麺の本格パッタイが食べられるパッタイ専門店「 マンゴツリーキッチン パッタイ」試食レビュー - GIGAZINE

濃厚なホワイトソースとカツの肉感が相性バツグンな松のや・松乃家・チキン亭の「ロースかつ定食ホワイトソースがけ」「ささみかつ定食ホワイトソースがけ」を食べてみた - GIGAZINE

「生うに」と牛肉の組み合わせがぜいたくな「うに&イチボの熟成赤身ステーキ」と「うに&ヒレステーキ」をステーキガストで食べてきた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1f_yi