ハードウェア

Kinectがある意味ホントに終了、専用アダプターの生産が終了


2017年10月に生産終了がアナウンスされた、Microsoftのモーション・音声認識センサー「Kinect」と言えば、カナダの医療チームが外科手術の現場で採用したり、ショートフィルムを作るのに用いられたりと、その多機能っぷりからさまざまな分野で性能を遺憾なく発揮してきました。そんなKinectを使用するためのアダプターの生産もついに終了となり、いよいよ本格的にKinectが使えなくなる日が近づいています。

Microsoft discontinues Xbox One Kinect adapter - Polygon
https://www.polygon.com/2018/1/2/16842072/xbox-one-kinect-adapter-out-of-stock-production-ended

Microsoft has discontinued the Kinect Adapter for newer Xbox One consoles - The Verge
https://www.theverge.com/circuitbreaker/2018/1/2/16842738/microsoft-kinect-adapter-xbox-one-x-s-discontinued

Kinect Is Really Dead Now, Basically - GameSpot
https://www.gamespot.com/articles/kinect-is-really-dead-now-basically/1100-6455854/

2017年10月に生産終了が発表されたKinectですが、その当時は「サポートは今後も続く」とアナウンスされていました。

Microsoftがモーション・音声認識センサー「Kinect」の生産を終了 - GIGAZINE


しかし、2018年1月になって新しくXboxとKinectを接続するためのアダプターが生産終了となることが明らかになっています。Kinectは最新のXbox One XやXbox One S、さらにはWindows 10搭載PCでも使用することができるモーションセンサー端末ですが、これらでKinectを使用するには専用のアダプターが必要となり、そのアダプターが今回生産終了となることが発表されたわけです。つまり、Microsoftは今後新しいKinectユーザーが増えるという可能性を完全に諦めたということになります。

Microsoftの広報担当者は、「Xbox OneとWindows 10の間で新しいファンの要望に答えられるようなゲームアクセサリの発売に注力するため、Kinect用アダプターの生産を終了することにしました」とゲーム関連メディアのPolygonに声明を出しており、Kinectに代わる新しいアクセサリの登場が示唆されています。

Kinect用アダプターの使用時イメージ


記事作成時点ではKinect用アダプターはほぼすべての海外の大手小売店で既に在庫切れとなっており、eBayなどのオークションサイトで購入しようとすると150~300ドル(約1万7000~3万4000円)ほどの値段がつけられています。

なお、Microsoftの公式ストア上でもKinect用アダプターは在庫切れとなっており、購入できなくなっています。

Xbox One Kinect センサー アダプター を購入 - Microsoft ストア ja-JP

・関連記事
ゲーム機を超越した技術がてんこ盛りであることがよくわかる「Xbox One」のすごさを日本マイクロソフト本社で体験するとこうなる - GIGAZINE

Kinectを使用して音声と手話をリアルタイムで翻訳する技術をMicrosoftが開発中 - GIGAZINE

「Kinect」を使って試着なしでピッタリのジーンズを選ぶことができる新技術「Bodymetrics」 - GIGAZINE

Kinect連動でどこまでも追いかけてくる「サウロンの目」のムービー - GIGAZINE

まわって踊ってジャンプして、コントローラーを使わず全身でプレイするXbox 360「Kinect」実演ムービー - GIGAZINE

in ハードウェア,   ゲーム, Posted by logu_ii