地球最北端の町「ロングイェールビーン」はこんなところ


ロングイェールビーン」は北極圏にあるノルウェー領の群島「スヴァールバル諸島」にある町です。1000人以上が居住する町としては、地球最北に位置するとのこと。YouTubeで科学技術関連のムービーを多数公開しているVeritasiumチャンネルのムービーを見ると、「ロングイェールビーン」がどんな場所で、人々がどのような暮らしをしているのかがわかります。

The Northernmost Town on Earth (Svalbard in 4K) - YouTube


「ロングイェールビーン」はノルウェーの北に位置するスヴァールバル諸島にあります。


一見すると、寒い地方の普通の町並みに見えますが、「ロングイェールビーン」は違います。


北緯78度に位置し、北極からわずか1300キロしか離れていません。


「ロングイェールビーン」は2000人以上の住民を抱える、地球最北端の町です。しかし、道路は住宅間の小さな通りを含めても、全長50kmほどしかないため……


スノーモービルが「ロングイェールビーン」での主な移動手段です。実際、住民の数よりも多くのスノーモービルが登録されています。


シロクマなど危険な野生動物も生息するので、町を離れるときは銃を携帯するか、銃を扱える人と一緒に行動することが義務づけられています。


年間の平均気温は-4度。1年の大半が白夜極夜のどちらかで、特に太陽が全く上昇しない「極夜」にあたる10月の終わりごろから2月中旬ごろにかけては、生活はとても過酷です。


「極夜」の時期に雪崩が起きたときは、矢印の場所で10軒の家屋が破壊され、2名の命を失いました。


氷に覆われた過酷な環境である「ロングイェールビーン」に人が住むきっかけとなったのは、この町の丘に豊富な石炭の鉱脈があったからです。


石炭の採掘が盛んだったときは、港に輸送するためにケーブルカーを使っていましたが、現在も動作するものはごくわずか。今は炭鉱のほとんどが閉鎖され、経済は徐々に「観光」「教育」「研究」にシフトしています。


観光客はスノーモービルや犬ぞりを楽しんだり……


生物学、物理学、地質学のコースからなる大学に……


山にはスヴァールバル世界種子貯蔵庫があります。


「ロングイェールビーン」の住民によると、地球温暖化の影響から北極圏の海氷域の縮小により、貿易ルートが北側に広がっているようで、「北アメリカ」「アジア」「ヨーロッパ」の中間に位置する「スヴァールバル諸島」が、将来的には経済活動の拠点になる可能性があるため、世界各国からの関心を集めているとのこと。


しかし、経済的な拠点になるにはまず、この過酷な環境に慣れていない人々が、どうやって生活を送れるようにするかを考えなければなりません。

・関連記事
死ぬまでには一度は泊まってみたい世界の豪華ホテル21選 - GIGAZINE

アメリカの広大な国土の約50%には誰も住んでいないことがよくわかる地図 - GIGAZINE

「日本最南端!八重山の海びらき 2014 in 西表島」に行ってきました - GIGAZINE

アルゼンチンの南の果てにあるペンギンだらけの島に上陸し癒されてきました - GIGAZINE

高所恐怖症の人は見るだけで心臓が止まりそうな瞬間満載のムービー集「Mustang Wanted」 - GIGAZINE

120

in 動画, Posted by log1j_ty