キアヌ・リーブスが情熱を注ぎ込む完全オーダーメードのバイクメーカー「Arch Motorcycle」とは?


無類のバイク好きで知られるハリウッド俳優のキアヌ・リーブスは、バイク好きが高じて自らオーダーメードのオリジナルバイクを制作するバイクメーカー「Arch Motorcycle(アーチ・モーターサイクル)」を作り上げてしまいました。WIREDがアメリカ・カリフォルニア州にあるArch Motorcycleを訪れて、ハンドメイドされるスペシャルバイクの制作現場やキアヌ入魂の新作バイクを取材しています。

Arch Motorcycle
https://www.archmotorcycle.com/

キアヌがArch Motorcycleを案内する様子は、以下のムービーで確認できます。

Inside Keanu Reeves' Custom Motorcycle Shop | WIRED - YouTube


マトリックスなどの代表作を抱えるハリウッド俳優のキアヌは、私生活ではバイクに情熱を捧げているとのこと。


「ようこそArch Motorcycleへ」と案内するキアヌ。


Arch Motorcycleはハンドメイドによるオリジナルのバイクを制作するビルダーです。


Arch Motorcycleはキアヌと、ガード・ホリンジャー氏によって立ち上げられました。昔ながらの「手作業」と……


最新の「マシン」によって、オリジナルのバイクが創り上げられます。


最新のマシンには、VRヘッドセットも含まれています。


「あれはジョーのオーダーしたバイクだよ。オーストラリアへ送られるんだ」と製作中のバイクを説明するキアヌ。すべてのバイクはオーナーのために1台1台が専用マシンとしてカスタマイズされるとのこと。


キアヌとホリンジャー氏のパートナーシップは、2007年に始まりました。


手作りによるカスタムバイクを手がけるホリンジャー氏に、キアヌはハーレー・ダビッドソンを預けてカスタムしてもらっていたとのこと。


「カリフォルニアのデザイナーであり、カスタムバイクの製作者であり、悪名高く、有名で、尊敬される、革新的なデザイナーだよ」とホリンジャー氏を紹介するキアヌ。ホリンジャー氏の腕に惚れ込んだキアヌは、オリジナルバイクの製作をホリンジャー氏に持ちかけ、誕生したのがArch Motorcycleです。


キアヌの申し出を快諾したホリンジャー氏は、カスタムを超越してエンジン以外のすべてのパーツを一から作るプライベートのバイクメーカーとしてArch Motorcycleを始めることにしました。


そもそものきっかけはキアヌがロサンゼルスからサンフランシスコを二人乗りで楽しく走れるバイクの製作を依頼したこと。「4年半か5年でプロトタイプにすることができたよ」


「たった5年だっけ?」とこともなげに話すホリンジャー氏。5年かけて作り上げられたマシンに感動したキアヌは、ホリンジャー氏にオリジナルのバイク作りを持ちかけたというわけです。


Arch Motorcycle初の量産マシンである「KRGT-1」を説明するキアヌ。


「美しいロングボディーと溶接痕がセクシーだろう?」と得意げに話します。


オーナーの希望通りの1台に作り上げられるKRGT-1は、7万8000ドル(約880万円)からという価格です。


「いよいよ、新作の発表だよ」とうれしそうなキアヌ。Arch Motorcycleはミラノ国際モーターサイクルショーに合わせて、新作バイク3種を発表しました。


まずはアップデートされたKRGT-1(2018年モデル)。ヨーロッパの排ガス規制ユーロ4をクリアしたため、ヨーロッパを含む世界の広い地域で販売が可能になっています。


よりスポーティーな仕様の「Arch 1s」。Arch Motorcycle初の片持ちスイングアーム仕様のマシンです。


そして、先進的なマシン「Arch Method 143」


「Arch Method 143はごく少量生産のマシンで、とても先進的だと思うよ」と語るホリンジャー氏。


143キュービックインチ(2343CC)の大容量ツインエンジンを搭載するとのこと。Arch Motorcycle公式サイトによると、生産数はわずか23台です。


「ガードと僕は、デザインに『野心』を持っている。それこそが創造性を育てるものだと思うんだ」


キアヌとホリンジャー氏はデザインに対してなみなみならない情熱を持っているとのこと。


そこで、デザイン作りにハイテクを導入しています。


VRヘッドセットを装着して、仮想のマシンを眺めるキアヌ。


新作マシン3台が目の前に現れます。


3台を並べることが大切だと語るキアヌ。3台をすべて見ることで、各マシンのデザイン上の関係性や、根底にある哲学を理解でき、Arch Motorcycleのストーリーを理解できるそうです。


キアヌとホリンジャー氏にとって、究極的にバイクとは「乗ってなんぼ」のもの。


手作業で1台1台作り出されるマシンは、美しさと走りを両立させており、世界一レアなマシンと言えそうです。


Arch Motorcycleが誕生するまでのストーリーは、以下の記事で語られています。カスタマイズを持ちかけたキアヌが「そんなつまらないことなら他を当たってくれ」とホリンジャー氏に断られたという出会いや、キアヌが「いつ死ぬかもわからないのだから好きなことをしなければ」とホリンジャー氏を口説き落としたエピソードなどを確認できます。

【訪問記】乗っていないと僕自身が消えてしまう。キアヌ・リーブスが立ち上げたバイクメーカー「Arch Motorcycle」:山下 剛 - Autoblog 日本版
http://jp.autoblog.com/2016/09/09/arch-motorcycle/

・関連記事
最高時速100kmであらゆる2輪バイクを自律走行可能な驚異のロボット「MOTOBOT ver.1」走行ムービー - GIGAZINE

ホンダがバランス制御技術によって低速でも自立するバイク「Honda Riding Assist」を公開 - GIGAZINE

48気筒で4200ccエンジン搭載の化け物のようなバイク - GIGAZINE

もしフェラーリがバイクを作ったらこうなるというコンセプトデザイン - GIGAZINE

最高時速約200キロの電動バイク「TTX01」がイギリス・NECバイクショーで発表 - GIGAZINE

ぼっちで有名なキアヌ・リーブスがマトリックス並みの驚異的な射撃スキルを披露 - GIGAZINE

キアヌ・リーブス、関西ジャパンプレミアイベントのため阪急西宮ガーデンズに登場 - GIGAZINE

来日中のキアヌ・リーブスが橋下大阪府知事に表敬訪問しにやってきた - GIGAZINE

in 乗り物,   動画, Posted by logv_to