夜空にちりばめられた宝石のような花火と音楽のコラボレーションで心温まるクリスマスイヴが楽しめる「ISOGAI花火劇場」を見てきました


12月24日のクリスマスイヴには全国各地でさまざまなイベントが行われていますが、愛知県名古屋市の名古屋港では冬の花火大会として「ISOGAI花火劇場」が行われています。イベント会場内の音響がしっかり整えられた環境で、花火と音楽、そして声劇を合わせた花火劇場が上演される珍しい形の花火大会です。一体その花火劇場とはどういうものなのか、実際に見てきました。

ISOGAI花火劇場in名古屋港
https://isogaihanabi.com/


場所は、名古屋港水族館名古屋港シートレインランドなどもある愛知県名古屋市港区港区港町1です。


事前に購入していたチケットを持って会場に向かいます。


13時、現地に到着。クリスマスイブと日曜日が重なり、名古屋港水族館の入場券売り場では長い列ができていました。


16時30分、開場まではまだ1時間ありますが、今回購入した展望Cエリア(税込み5000円)はエリア内であれば見学場所は自由ということで、良い場所を確保するために早めに並んでおきます。


17時30分、開場となりスタッフに誘導されて指定のエリアに向かいます。展望Cエリアには斜面があり、花火を撮影しに来た人は必然的に斜面の一番上に並ぶことに。


花火を間近に見ることができる指定席エリア。最前列はSS席(税込み1万円)、2・3列目はS席(税込み5000円)、4列目以降はA席(税込み3000円)があり「花火は最前列が1番」と狙って最前列が購入できるのは嬉しい設定です。


こちらはカメラ席(税込み3000円)の様子、こちらは立って三脚が使えるエリアの1つです。エリアによって、三脚の利用の可否や、立って撮影ができるできないなど、ルールが決まっています。


鑑賞する場所を確保してから、いったん入り口へパンフレットを貰いに戻ります。このイベント「ISOGAI花火劇場」のISOGAIとは、花火を打ち上げる株式会社磯谷煙火店を表しています。


開演1時間前の18時頃から雨が降り始めました。


天気予報では、このまま雨が降り続けるとのこと。ビデオ撮影とフルサイズのカメラをセッティングしていましたが、カメラを使った本格的な花火撮影は諦めることに。


ビデオと小型の手持ちのカメラで、撮影することにしました。19時、ISOGAI花火劇場の開演を知らせるブザーの音が会場中に鳴り響くと「メリークリスマス!」とサンタクロースの声が聞こえ、10秒前のカウントダウン「ゴー、ヨン、サン、ニー、イチ」と会場にいる子どもたちも一緒に叫んでいます。カウント0とともに、オープニング花火が打ち上がります。


クリスマスソングと共に打ち上がる花火。明るく多彩な色の幾何学模様や指輪、綺麗な形のハートも上がっていました。スマイルでは会場から笑い声も聞こえます。


実際に上がったカタモノ花火の様子は、以下のムービーで確認できます。

指輪やハートなどクリスマスイヴにぴったりのさまざまなカタモノ花火たち【ISOGAI花火劇場in名古屋港2017】 - YouTube


声劇とBGMに合わせて花火が上がる花火劇場が始まります。主人公は男の子のルイ。クリスマスには一緒にお祝いをしようと約束していたお母さんが「退院できないかもしれない」とお父さんに聞かされ残念に思います。そこでルイは、街の病院にいるお母さんに会うために、こっそり家を飛び出しました。


街へ向かう途中、独りぼっちで寂しくなったルイは雪だるまを作り始めました。そこにプレゼントを配っている途中のサンタクロースが通りかかります。サンタクロースの魔法により動き出した雪だるま(小雪)と一緒に大冒険が始まりました。


海にたどり着いたルイたち、どうやら道を間違えてしまった模様。そこで仲間とはぐれたイルカと出会い、一緒にイルカの仲間を探します。「Talking To The Moon」に合わせて、月明かりを頼りに海辺を探してみると……


会場でジャンプする仲間を発見。無事、イルカは仲間たちの元へ帰って行きました。


再び、母親のいる病院がある街に向かいますが、怪しい森に迷い込んでしまいます。


何かが現れました。「お化けが出た!」とルイたちは驚きますが「僕はノア、安心して」と話しかけてきます。


森の中のことしか知らないノアは「クリスマスって何をするの?」とルイに聞きます。ルイは、もみの木にベルやキャンドル、靴下などを飾ることをノアに教えます。


そして、ツリーの頂上には星を飾ることを告げると、巨大な花火のクリスマスツリーが目の前に現れました。


ノアは「今からここで一緒にお祝いをしよう。お母さんはルイが嫌いだから家に帰ってこないんだよ。一緒にここで暮らそう」と、ルイを誘惑しますが、ルイは「お母さん、お父さんと一緒にクリスマスのお祝いがしたいんだ」と誘いを断ります。すると、ノアの体が輝きだし、ルイと小雪を優しく包みます。


「その言葉が聞きたかったんだルイ、よく頑張ったね。メリークリスマス!」という声が聞こえました。「Finally」をBGMに、優美な花火が次々と上がります。


「ルイ、起きなさい。そんなところで寝てたら風邪を引くぞ」と、お父さんが呼びかけます。

ルイ「ここは?」

お父さん「家に決まってるじゃないか」気が付くとルイは、自分の家にいました。

窓の外には大きな雪だるまがひとつ。そして、今日はクリスマス。

お父さん「ルイ、お祝いの前にとっておきのプレゼントがあるんだ」

「ガチャ」ドアを開ける音が聞こえます。

お母さん「ルイ、ただいま。ごめんね、寂しい思いをさせて、でも約束通りクリスマスには帰って来れたわ。この子と一緒にね」

お母さんは、出産のために入院していたのでした。

ルイ「この子の名前は決まってるの?」

お母さん「もちろんよ。この子の名前は『ノア』」

宝石のような色鮮やかな花火が次々と上がりクライマックスを迎えます。


空一面に広がる冠菊が上がり、2017年クリスマスイヴのISOGAI花火劇場は幕を閉じました。


最終幕からエンディングスターマインまでの様子は、以下のムービーで確認できます。

宝石のような花火が次々と打ちがる終幕のクライマックスシーン【ISOGAI花火劇場in名古屋港2017】 - YouTube


この花火を提供している磯谷煙火店は、力強く色鮮やかに輝く星や芸術性の高いデザインなどが特徴で、まるで夜空に宝石をちりばめたような花火が見られ、女性ファンも多くファンクラブまで存在する日本屈指の花火会社です。心温まる花火劇場はクリスマスイヴの雰囲気を盛り上げる最高のプレゼントになるイベントでした。

・関連記事
花火の街「大曲」の花火大会「大曲の花火 秋の章」は花火の表現力を最大限に生かした花火劇場でした - GIGAZINE

スマイルやドラ猫など会場から拍手や笑い声が聞こえる型物花火、その型物花火作りの名人・今野義和氏に「花火に込められた想い」を聞いてきました - GIGAZINE

花火を愛する人を認定する資格「花火鑑賞士」とは、実際に試験を受けてみたレポート - GIGAZINE

「世界と日本の至高の花火を堪能できる花火大会」 と世界の花火関係者が一堂に会す「国際花火シンポジウム」に1週間潜入してきました - GIGAZINE

「プライベート花火」を花火の本場である大曲の花火大会「新作花火コレクション」で打ち上げてみた - GIGAZINE

日本一高いビルの展望台から教祖祭PL花火芸術を見てみたら想像以上に良い鑑賞スポットでした - GIGAZINE

約480mもの大輪を咲かせる二尺玉を17発も組みこんだ超特大スターマイン「NTN超特大仕掛」を桑名水郷花火大会で見てきましたレポート - GIGAZINE

圧巻の尺玉100発同時打ちやボリューム満点の尺玉300連発など、大玉大盤振る舞いの花火大会「ぎおん柏崎まつり海の大花火大会」を見てきました - GIGAZINE

アットホームな雰囲気で見応えのある花火と三尺玉が3発も打ち上がる「蒲郡まつり納涼花火大会」を見てきました - GIGAZINE

関西では唯一の競技花火大会 「宇陀市はいばら花火大会・全国花火まほろば競技会」で匠の花火を見てきました - GIGAZINE

「2017びわ湖大花火大会」大パノラマと大迫力の一斉打ち上げシーン集 - GIGAZINE

38

in 取材,   動画, Posted by darkhorse_logmk