×
モバイル

古いiPhoneの性能を意図的に落としたAppleが集団訴訟で100兆円超の支払いを求められる


Appleが「iOSのバージョンアップごとに古いiPhoneの性能を意図的に落としている」ことが明らかになり、一部のiPhoneユーザーがAppleに損害賠償を求める集団訴訟を提起したのですが、なんと原告側はAppleに9990億ドル(約113兆円)の支払いを求めていることが判明しています。

Class action lawsuit over iPhone battery slowdown seeks a ridiculous $999 billion payout
http://www.idownloadblog.com/2017/12/26/iphone-battery-class-action-lawsuit-999-use-billion/


ことの発端は海外の掲示板・Reddit上で「古いiPhoneのバッテリーを交換すると端末の動作が軽くなった」という報告が挙がったことでした。その後、ベンチマークソフトのGeekbenchが自社のベンチマークサービスで収集された「iPhone 6sとiPhone 7のiOSバージョン別ベンチマークスコアの統計データ」を発表し、iOSをバージョンアップするごとにiPhoneの性能が低下していることがデータとして明らかになっています。

統計データの公表を受け、Appleは正式にiPhoneのピーク性能を意図的に落としていることを認めました。意図的にピーク性能を落としている理由を、「バッテリーの劣化したiPhoneが予期せぬシャットダウンを起こすのを回避したりバッテリー寿命を延ばしたりするため」と説明しています。

Appleが古いiPhoneの性能を落としていることがベンチマーク統計から明らかに、その狙いは何なのか? - GIGAZINE


しかし、一部のユーザーは「Appleはバッテリーの劣化したiPhoneを保護するためとしているが、新しいiPhoneに買い換えさせるのが狙いだ」と主張し、集団訴訟を提起しています。その集団訴訟で、原告側は9990億ドル(約113兆円)の支払いを求めています。

原告側の訴状はScribd上で公開されています。

Violetta Mailyan vs. Apple, Class Action of Purposely Slowing IPhones | I Phone | Class Action


Apple関連のニュースメディアであるiDownloadBlogは、「『古いiPhoneを故意に使えないものにしているわけではない』ということをユーザーに納得させることはとても難しい」と記しており、Appleには「iPhoneのピーク性能を意図的に落としている」という事実があり、「それだけで責任がある」としています。

初めからこの事実を明かしていれば今回のような集団訴訟の危機に直面することもなかったはずですが、Appleはこれまでの数年間顧客に向けてこの事実を明確には伝えていません。iDownloadBlogは「バッテリーの消耗によりデバイスの性能が低下する可能性があることを顧客に知らせるために、iOSのプロンプトを掲示することは難しいことでしょうか?」と、なぜAppleがこれまでこの事実を隠してきたのかに疑問を呈しています。

なお、Appleの公式サイトによると、iPhoneのバッテリーはフル充電サイクルを500回繰り返しても本来の容量の最大80%を維持できるように設計されているとのことです。

・つづき
Appleが古いiPhoneの性能低下問題を正式に謝罪しバッテリー交換費用を60%以上値引きすると発表 - GIGAZINE

・関連記事
iPhoneの反応速度が激遅になる現象は古くなったバッテリーを交換すると治る可能性アリ - GIGAZINE

Appleが古いiPhoneの性能を落としていることがベンチマーク統計から明らかに、その狙いは何なのか? - GIGAZINE

「iPhoneは早ければ1年後に性能が落ち始める」のをAppleが正式に認める - GIGAZINE

古いiPhoneの性能を意図的に落としたと認めたAppleが早くも集団訴訟に直面 - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア,   ハードウェア, Posted by logu_ii