「生たまご」にくぐらせて食べると「すき焼きの味」に近づくという湖池屋のスナック菓子「スゴーン 和牛すき焼き」を実際に食べてみた


湖池屋の定番スナック スコーンのプレミアム版スゴーンに新しく「スゴーン 和牛すき焼き」が登場しました。公式のアナウンスによると、スゴーン 和牛すき焼きは「生たまご」といっしょに食べると「すき焼きを食べたかのような余韻が口の中に広がります」とのこと。発売前に編集部にスゴーン 和牛すき焼きが送られてきたのでスゴーン 和牛すき焼きをそのまま食べたあとに、生たまごにくぐらせて食べるとすき焼きを食べような余韻になるか気になったので実際に確かめてました。

「おてがるプレミアム」戦略始動 “超簡単!袋入りすき焼き”を開発 「スゴーン 和牛すき焼き」新登場
https://koikeya.co.jp/news/detail/882.html

スゴーン 和牛すき焼き with T|コイケなおやつ部|株式会社湖池屋
https://koikeya.co.jp/oyatsu_review/2017/12/with-T.html

スゴーン 和牛すき焼き すき焼き丼|コイケなおやつ部|株式会社湖池屋
https://koikeya.co.jp/oyatsu_review/2017/12/sgorn-sukiyaki.html

スゴーン 和牛すき焼きが編集部に到着しました。


黒を基調としたパッケージは、商品名や牛のイラストなどが金箔押しのようにピカピカと金色に輝き、プレミアムなイメージを感じさせます。


裏には味を連想させる、すき焼きのイメージ写真と……


スゴーン 和牛すき焼の解説が記載されていました。


側面は原材料や内容量などが記載されていました。原材料はすき焼きをイメージさせる「粉末卵黄」「粉末しょゆ」「粉末みりん風味調味料」そして「牛肉」が記載されていました。内容量は1袋で70グラムです。


カロリーは1袋当たり391kacl。


中身を器に出すと、すき焼きの割り下を連想させる甘い焦がししょう油と、ほのかなたまごの香りが漂います。


単体で食べてみるとゴツゴツとした表面にまぶされている粉からやや濃くて甘辛いしょう油の味します。噛むとサクサクとした食感の後にコーンの甘さ感じ、飲み込むとしょう油とたまごの香りが漂いました。


湖池屋の和牛すき焼きと生たまごを一緒に食べる公式レシピ2品を調理してみた
「和牛すき焼き with T」の調理
最初の公式レシピはスゴーン 和牛すき焼きと溶き卵と一緒に食べるシンプルな調理方法「和牛すき焼き with T」です。なお、「with T」の「T」は「たまご」という意味です。

湖池屋の公式レシピ通りに作ってみます。必要な材料は生卵1個とスゴーン 和牛すき焼きが35グラムです。


最初に生たまごを用意します。


次に生たまごを汁わんなどに割った後に箸でよくかき混ぜます。


今回は湖池屋から送られてきた割り箸を使用しました。


30秒ほどよくかき混ぜて溶き卵が完成。


次に、スゴーン 和牛すき焼きを35グラム分、用意します。


スゴーン 和牛すき焼きにラップをかぶせて……


600ワットの電子レンジで30秒間あたためます。なお、温めすぎには注意が必要なほか、オーブントースターを使用するのは危険なので避ける必要があります。


和牛すき焼き with Tが完成。


温かいうちにすき焼きのように溶き卵にくぐらせて食べてみると、「すき焼きの味と同じになった」とまでは感じませんでしたが、濃くて甘辛いしょう油味を生たまごがまろやかにしているので「アリ」です。食べる前は少し抵抗がありましたが、レンジで温めたことでより濃く感じるようになったスゴーン 和牛すき焼きが生たまごとのバランスを良くしたように感じました。


「スゴーン 和牛すき焼き すき焼き丼」を調理してみた
次は、ご飯にスゴーン 和牛すき焼きと生たまごをのせた「スゴーン 和牛すき焼き すき焼き丼」を作ってみます。

湖池屋の公式レシピによると、必要な材料は生たまご1個とスゴーン 和牛すき焼きが35グラム、そしてご飯が100グラムです。材料を全部そろえるとはこんな感じ。


最初にスゴーン 和牛すき焼きを35グラム用意します。


前述した和牛すき焼き with Tと同じ手順で、スゴーン 和牛すき焼きにラップをかぶせて600ワットの電子レンジで30秒間温めます。


電子レンジでスゴーン 和牛すき焼きを温めている間に、ご飯100グラム分を用意します。お茶わんでいうと1杯に対して3分の2ぐらいです。


電子レンジで温めたスゴーン 和牛すき焼きをご飯にのせます。


次に生たまごをのせますが、事前にスゴーン和牛すき焼きの中央に箸などでややくぼませてスペースを作っておくのがオススメ。


最後に中央に生たまごを落とすと、スゴーン 和牛すき焼き すき焼き丼が完成。


名前に「すき焼き」が2つも入っており、ご飯かおかずか分からない料理ができました。


お箸だとご飯と一緒にうまく食べらなかったので……


スプーンを用意しました。


食べてみると、スゴーン 和牛すき焼きに長さがあるため、口の中でかさばって少し食べにくく感じてしまいました。そのため、調理する前に軽く砕いておいても良さげです。味は香ばしい卵かけご飯のように感じられ、ご飯に生卵とスゴーン 和牛すき焼きが加わっているので予想よりボリュームがありました。


スゴーン和牛すき焼きの価格は税込み160円。2017年12月25日からコンビニエンスストアで発売されており、2018年1月8日から全国のスーパーマーケットなどでも販売が開始されます。なお、湖池屋オンランショップでは12袋入りのセットが税込・送料別1918円で販売されています。

・関連記事
世界的に知られている10種類の「高価な食べ物」 - GIGAZINE

風味が濃厚で確実にスゴくなっていた湖池屋「スゴーン」を食べてみた - GIGAZINE

絶妙な甘塩っぱさが癖になるカルビー「ポテトチップス 鳥取の味 砂丘をイメージした珈琲味」を食べてみました - GIGAZINE

ロータスビスケットがアイスになった「ロータスビスケットアイス」を食べてみた - GIGAZINE

若い女性に大人気の「ブラックサンダー」が女性の求める健康要素を詰め込んで新提案する「ナチュラサンダー ブラン」「ナチュラサンダー ハイカカオ」 - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1f_yi