マグロの部位を遊びながら覚えられる「一本買い!!本マグロ解体パズル」レビュー


普段、お寿司やお刺身などで人気のマグロ。「トロ」「中トロ」「大トロ」など肉の名前は知っていても、具体的な部位まで知っている人は少ないと思います。「一本買い!!本マグロ解体パズル」は、パズルを楽しみながらマグロの部位を覚えられるとのこと。本当に楽しみながら覚えることができるのか、試してみました。

一本買い!!本マグロ解体パズル|商品情報|メガトイ|メガハウスのおもちゃ情報サイト
http://www.megahouse.co.jp/megatoy/products/item/2430/

これが「一本買い!! 本マグロ解体パズル」。箱の大きさは16×12×5cmです。


パッケージの裏側には「遊び方」と33種類あるパーツの一覧が書かれていて……


上側にある紅白の部分を引っぱり上げると、マグロの「赤身」や「トロ」の違いやマグロの身の呼称などが書かれた「マグロの豆知識」を読むことができます。


箱から中身を取り出すと、「組み立てかたのポイント」を書いたカードと袋詰めされた各パーツが入っていました。


カードには簡単な組み立て方が書いてあり……


反対側は「まな板シート」になっています。


パーツの中にあった謎の厚紙には……


包丁パーツが入っていました。鋭利な作りにはなっていないので、指を切る心配もないのですが、実際の刃物を扱うかのように厳重に扱っているのが印象的。


袋からパーツを取り出し、組み立てやすいように部位ごとにまとめてみます。すると……


マグロの胴体


マグロの身は、表側用と裏側用で2セットあります。


目玉や内臓などの細かいパーツに……


まな板や包丁の4つのグループに分かれました。


では、早速組み立てます。まず、器となる「胴体」と「かしら」の部分を装着します。パーツをつけるときに、「カチッ」とはまるような感触もないので、くっつけたら、見た目の違和感がないことと、簡単に外れないかを確認するのがオススメです。


続いて、反対側に穴の開いた「かしら」をつけて……


「あごにく」に……


「のうてん」「目玉」「ほほにく」を付けます。


次に、胴体に「せかみ」「せなか」「せしも」「テール」「はらかみ」「はらなか」「はらしも」を入れて……


続けて、「あかみ」をのせ、「ハツ」「ワタ(胃袋)」「たまご」を入れます。


そして、「なかおち」をのせて……


もう片方の「あかみ」をのせます。


胴体にもう1セットの「せかみ」「せなか」「せしも」「テール」「はらかみ」「はらなか」「はらしも」を入れます。


「尾びれ」もセット。


「カマ」と「カマトロ」を付け……


胴体のふた部分を付けて完成です。完成する頃には、パズルで使った部位は覚えてしまっていました。楽しみながら、覚えられるというのは本当のようです。


完成したマグロは長辺138.4mmのiPhone 8と比較すると、高さは半分ぐらいで……


横は同じくらいの大きさでした。


なお、「一本買い!! 本マグロ解体パズル」の価格は税抜で1580円ですが、人気があるためか、Amazonでは税込1979円となっていました。

Amazon | 一本買い!!本マグロ解体パズル | 立体パズル | おもちゃ



ヨドバシでは税込1430円となっていました。

ヨドバシ.com - メガハウス MegaHouse 一本買い!!本マグロ解体パズル 通販【全品無料配達】



同シリーズには「一頭買い!!特選 焼肉パズル」もあります。


牛はカシラからスネまで、ほとんどの部位を食べられることがわかります。。


「一頭買い!!特選 焼肉パズル」の価格も税抜1580円ですが、こちらもAmazonでは定価より高い税込2000円となっていました。

>Amazon | 一頭買い!! 特選焼肉パズル-ウシ- | 立体パズル | おもちゃ



「一頭買い!!特選 焼肉パズル」の価格は、ヨドバシで税込1350円となっていました。

ヨドバシ.com - メガハウス MegaHouse 一頭買い!特選焼き肉パズル-ウシ- [対象年齢:6歳~] 通販【全品無料配達】

・関連記事
マグロの解体が何度でも好きなだけできる「山和 解体フィギュア・黒マグロ」で解体しまくってみました - GIGAZINE

幾何学を線が交差しないように変形していく知恵の輪っぽい中毒性高めのパズルゲーム「Treksit」 - GIGAZINE

力技ではまず外すことができない進化版知恵の輪「キャストパズル」レビュー - GIGAZINE

冷蔵庫で保存するべきではない11種類の食べ物 - GIGAZINE

肉だけを食べ続けると人はどうなってしまうのか? - GIGAZINE

日本全国の漁場から集められた新鮮な魚介類が食べられる「中之島漁港」 - GIGAZINE

422

in レビュー,   生き物, Posted by log1j_ty