「生うに」と牛肉の組み合わせがぜいたくな「うに&イチボの熟成赤身ステーキ」と「うに&ヒレステーキ」をステーキガストで食べてきた


ステーキ・ハンバーグ専門店ステーキガストでは2017年12月21日から「うに&ステーキフェア」が開催されており、特別メニューとして生うにがトッピングされたステーキ「うに&イチボの熟成赤身ステーキ」と「うに&ヒレステーキ」が提供されています。「うに&イチボの熟成赤身ステーキ」は、1頭の牛から1%以下しか取れないという部位「イチボ」を使ったステーキで、さらに両メニューでは、うにの量を2倍に増やしたメニューが用意されているほか、追加注文でうにをさらにトッピングできる「追いうに」も用意されているとのこと。海のうにと陸の牛ステーキのコンビネーションが気になったので実際に行って食べてきました。

うに&ステーキ|メニュー情報|ステーキガスト|すかいらーくグループ
http://www.skylark.co.jp/steak_gusto/menu/uni.html

ステーキガストに到着。


うに&ステーキフェアのポスターが掲げられていました。


ステーキガストにはサラダバーがあり、ステーキやハンバーグなどメインメニューを頼むとサラダやパン・ご飯などが食べ放題です。


テーブルについてメニューを確認して注文します。特別メニューのステーキは大きく分けて「うに&イチボの熟成赤身ステーキ」と「うに&ヒレステーキ」の2つがあり、両メニューにのっている「うに」の量は通常だと30グラム、2倍メニューだと60グラムです。今回はうにの量を2倍にしてイチボ肉が使われた「うに2倍&イチボの熟成赤身ステーキ」(税込み2483円)を焼き加減レアで、そしてもう一方は、うにの量は通常量でヒレ肉を使われたステーキ「うに&ヒレステーキ」(税込み2374円)を焼き加減ミディアムで、合計2品注文しました。


特別メニューのステーキが到着する間に、サラダバーのパンとサラダを食べながら待ちます。


うに2倍&イチボの熟成赤身ステーキと、うに&ヒレステーキが到着。手前のプレートはうに2倍&イチボの熟成赤身ステーキ、奥のプレート方はうに&ヒレステーキです。


うに2倍&イチボの熟成赤身ステーキは、希少部位のイチボが使われており、使われている牛肉の量は、うにの量が通常量と2倍の量に関わらず約225グラムです。


また今回は、追加注文でうにの量が30グラムの「追いうに」(税込み324円)を注文しました。


ステーキガストではメインのメニューを頼むとわさびが付いてきます。


左がうにの量が通常量の「うに&ヒレステーキ」、右がうにの量が2倍の「うに2倍&イチボの熟成赤身ステーキ」です。右のイチボ肉はヒレ肉に比べて肉の量が2倍近くありますが、うにの量を2倍にしたことで肉のボリュームにも負けない状態になっています。


うに2倍&イチボの熟成赤身ステーキから食べてみます。


ナイフとフォークで切り分けて……


レアで注文して断面は赤みがかったピンク色。最初は、うにを乗せずに食べてみます。かみ応えがあり、「肉を食べている」という気分になり、噛む度にイチボの熟成赤身のうま味と肉汁が口の中に広がっていきます。


うにをトッピングして食べてみると、うにの甘みが合わさり味の相性は良いのですが、口に入れると磯の香りが強く、このままだと人を選びそう。


磯の香りが強く感じる人は、付属のにんにくソースを合わせるとスパイスの風味で角がとれて柔らぐのでオススメ。


他にも、わさびをたっぷりとトッピングするのもアリ。


わさびをたっぷりとのせても牛肉の脂身とうま味でわさびのツンとするのが和らぎ、爽やかさで、うにの磯の香りが和らぎ、さらにわさびの辛さがアクセントになります。


うにが好きな人は追いうにを追加するとうにの味と香りをさらに味わえます。


次はうに&ヒレステーキを食べてみます。使われている牛肉の量は約130グラム


イチボ肉より脂身が少ないので、さっぱりと赤身のうま味を味わえます。


脂身が少ないので、うにと一緒に食べる時はヒレの味がやや負けががちと感じたので、ソースの量を増やすのがオススメです。


うに&ステーキフェアの特別メニューの数量限定で、2018年1月15日までの期間限定。特別メニューの価格は、「うに2倍&イチボの熟成赤身ステーキ」は税込み2483円、「うに&イチボの熟成赤身ステーキ」は税込み2159円、「うに2倍&ヒレステーキ」は税込み2699円、「うに&ヒレステーキ」は税込み2375円となってます。また、「追いうに」は税込み324円となっており、いずれも期間限定・数量限定メニューなので、気になった人は早めに味わっておいたほうが良さそうです。

・関連記事
牛のジューシーなうま味たっぷりな焼き肉が格安で味わえる「牛田一成」で立ち食い焼肉を堪能してきた - GIGAZINE

緑のネギと雪のように白いとろろで彩られた肉量3.2倍のクリスマスツリー型どんぶり「爆弾すた丼がっツリー盛り」を食べてみた - GIGAZINE

肉厚なデミグラスハンバーグが丸ごと1個挟まれたハンバーガー「デミハンバーグシリーズ」をファーストキッチン・ウェンディーズで食べてみた - GIGAZINE

濃厚ないわしの風味を堪能できる「なか卯」の期間限定メニュー「いわしのつみれそば」を食べてきた - GIGAZINE

コメダ珈琲店の「ドミグラスバーガー」はコクのあるソースで食べ応え十分 - GIGAZINE

63

in 試食, Posted by log1f_yi