濃厚なホワイトソースとカツの肉感が相性バツグンな松のや・松乃家・チキン亭の「ロースかつ定食ホワイトソースがけ」「ささみかつ定食ホワイトソースがけ」を食べてみた


松屋のグループ店舗であるとんかつ専門店松のや・松乃家・チキン亭から2017年12月20日(水)15時より、「ロースかつ定食ホワイトソースがけ」「ささみかつ定食ホワイトソースがけ」が登場しました。クリーミーなホワイトソースにベーコンとマッシュルームがたっぷり入ったホワイトソースは寒い季節にピッタリとのことで、早速食べてみました。

ロースかつ定食ホワイトソースがけ・ささみかつ定食ホワイトソースがけ新発売!|ニュース|松のや・松乃家・チキン亭
https://www.matsuyafoods.co.jp/matsunoya/news/menu/171214_white.html

松のやに到着。


店の前には「ロースかつ定食ホワイトソースがけ」の写真が飾られていました。


早速食券機で食券を購入し、「ロースかつ定食ホワイトソースがけ」「ささみかつ定食ホワイトソースがけ」を注文。


「ロースかつ定食ホワイトソースがけ」は注文してから5分ほどで提供されました。


2017年12月27日(水)15時まで、「ロースかつ定食ホワイトソースがけ」「ささみかつ定食ホワイトソースがけ」を注文した人に限りライス大盛りが無料とのことで、ライスは大盛りにしてみました。


「ロースかつ定食ホワイトソースがけ」はロースかつにたっぷりとホワイトソースがかけられていて、ホワイトソースの上にのった緑色のパセリが色鮮やかです。


iPhone 6sとロースかつはほぼ同じくらいの大きさ。


山盛りキャベツは、これだけでもかなりのボリューム。


福神漬けも添えられていました。


クリームソースにはベーコンとマッシュルームがたっぷり入っていて、ソースというよりシチューという感じ。


ロースかつはふんわりと柔らかい食感で、ミルク感が強くとろみのあるホワイトソースと一緒に食べると、肉の脂が持つうま味をホワイトソースの優しい塩気が引き立てます。カツの衣はホワイトソースがかかった部分はシナシナとした食感、かかっていない部分はサクサクとした食感という風に2種類の食感が楽しめます。


福神漬けはボリボリとした食感が面白く、ホワイトソースの塩気とは違う漬物の塩気が食欲を増してくれます。


続いて「ロースかつ定食ホワイトソースがけ」のロースカツがささみかつになった、「ささみかつ定食ホワイトソースがけ」を食べてみます。


iPhone 6sと比べてみると、こちらもささみかつとiPhone 6sはほぼ同じ大きさ。


ささみかつはロースカツと比べると非常にあっさりとした淡泊な味わいで、ホワイトソースの濃厚な味と脂少なめのささみは相性バツグン。こってりとしたベーコンの味わいも、素朴な風味のささみかつと一緒に食べるとより際立って感じました。


なお、「ロースかつ定食ホワイトソースがけ」「ささみかつ定食ホワイトソースがけ」はともに税込630円で、全国の松のや・松乃家・チキン亭で2017年12月20日(水)15時から提供されています。発売開始から1週間限定で、これらのメニューを注文した人に限りライス大盛りを無料で提供するキャンペーンを行っているため、無料でライス大盛りも楽しみたい人は早めに行くのがオススメです。

・関連記事
緑のネギと雪のように白いとろろで彩られた肉量3.2倍のクリスマスツリー型どんぶり「爆弾すた丼がっツリー盛り」を食べてみた - GIGAZINE

肉厚なデミグラスハンバーグが丸ごと1個挟まれたハンバーガー「デミハンバーグシリーズ」をファーストキッチン・ウェンディーズで食べてみた - GIGAZINE

とろとろの玉子あんかけと紅ずわいがにの風味が絶妙な丸亀製麺「満福かに玉あんかけうどん」を食べてみた - GIGAZINE

高タンパクで低カロリーな鶏ささみに濃厚なバター醤油ソースをからめた松屋「鶏ささみステーキ定食」を食べてきた - GIGAZINE

みそ風味の甘辛いサバと牛肉でご飯が進む吉野家の「牛鯖みそ定食」を食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1h_ik