画像にモザイクやガウスぼかしを施してTwitterに投稿できる「モザイクツイーター」を使ってみた


画像にモザイク加工やガウスぼかしを施してツイートできるのが「モザイクツイーター」です。ツイートには元画像のリンクが付いているので、ファン同士のコミュニケーションで作品のネタバレを画像にしてツイートしたり、友人同士でお祝い画像をサプライズでツイートするときなどに役立ってくれます。

mosaic tweeter
https://mosaic.neriko.net/

まず、上記URLにアクセスし、「Twitterアカウントで利用してみる」をクリック。


「モザイクツイーターにアカウントの利用を許可しますか?」と表示されたら、「連携アプリを認証」をクリック。


「モザイクツイーター」の投稿画面が表示されます。


次に投稿したい画像を用意します。ここでは以下の風景の写真をモザイク加工してツイートします。


「ツイートする文」にテキストを入力。モザイク加工するので、ここでは「モザイク」と入力して、「タップで画像を選択」をクリック。


投稿する画像をクリックして、「開く」をクリックします。


すると、「モザイクツイーター」の下側に先ほどの画像が表示されます。次に、モード選択で「モザイク」をクリックして……


「アップロードして画像ツイート」をクリック。


「画像をアップロードしツイートします。よろしいですか?」と表示されるので、「ok」をクリックして……


「正常にツイートできました」と表示されるので、「ok」をクリックします。


すると、「モザイクツイーター」にアップロードされた元画像と入力したテキストの内容が画面に表示されます。


Twitterでは、先ほど入力したテキストとモザイク加工された画像が、ツイートされています。ここで、「origin:」の右側をクリックすると……


元画像とテキストが表示されます。ツイートするテキストに「見たい人は自己責任でリンクをクリックしてください」などを入れることで、注意喚起を行うのに使うのもアリです。


ちなみに、同じ画像を「モザイクツイーター」でガウスぼかしを行ってみると、以下のようになります。


「モザイクツイーター」はスマートフォンでも全く同じ操作で利用可能です。

・関連記事
なぜトランプ大統領はTwitterにBANされないのか - GIGAZINE

一風変わった見た目の文字を簡単にTwitterに投稿できる「PlainStyle」を使ってみた - GIGAZINE

無料でPCでも複数のTwitterアカウントを簡単に切り替えられるChrome拡張機能「Twitcher」 - GIGAZINE

世界最大のSNS「Facebook」が抱える闇とは? - GIGAZINE

Photoshopの合成には限界などないと思わされるスーパー魔改造を一部始終押さえたムービーがスゴイ - GIGAZINE

in レビュー,   ネットサービス, Posted by log1j_ty