サイエンス

男女の間に「一目惚れ」は本当に起きるのか?

by Pablo Heimplatz

「一目惚れ」に関する最新の研究が、人間は「一目惚れ」するのか、それとも「恋人を得たあとに記憶をさかのぼり、一目惚れだったと信じている」だけなのかについて調査を行っています。実際にどのような調査を行ったのかというと、人間が初めて会った人に対して感じる「愛」は、「本当に愛を形成しうる複雑な感情であるのか?」や「強力な身体的魅力なのか?」について調べたそうです。

Love at First Sight? It's Probably Just Lust
https://www.livescience.com/61136-love-at-first-sight-just-lust.html

過去の恋に関する研究から、人間は恋をすると脳の特定領域が活性化することが明らかになっています。脳のどの領域が活動的になるかは、人が感じる愛の種類によって異なってくるそうです。例えば、激しい情熱的な恋愛の場合、薬物中毒の際と同じ脳の領域が活性化し、より長期的に続いている愛の場合は「愛着」と「報酬系」に関連する脳の領域が活性化することがわかっています。

また、過去の一目惚れに関する研究から、「西洋人の3人に1人が一目惚れを経験した」と主張していることも明らかになっています。しかし、どの研究を見ても「初めて出会った瞬間に一目惚れが起きた」のか、それとも既に恋に落ちた状態で初めての出会いを思い出し、「あれは一目惚れだった」と感じているのかについては記されていないそうです。つまり、被験者の「一目惚れだった」という申告をもとにした研究結果しか存在せず、科学的に「一目惚れが起きた」ということを示せているものは存在していなかったというわけ。

by Mayur Gala

新しい研究では、20代のドイツ人およびオランダ人の異性愛者を約400人集め、約500回分の出会いに関するデータを収集しました。データはオンライン調査・研究室調査・3回のデートイベント(1回最大90分)という3段階に分けて収集されており、過去の出会いについて語ってもらうだけでなく、実際に初めて男女が出会う場をセッティングして、その際に「一目惚れしたか?」や「相手の身体的魅力をどう感じたか?」などを質問しています。また、「愛」を定義するために、被験者には「エロス(身体的魅力)」「親密さ」「情熱」「傾倒」といった要素に関する自己分析を行ってもらい、その情報を提出してもらったそうです。

テストの結果、被験者の中の32人から合計49回の「一目惚れ」が報告されました。しかし、データによると「一目惚れ」と報告した人々が相手に対して持つ感情は、「エロス(身体的魅力)」や「情熱」といった「愛」と深く関係する感情ではなく、「親密さ」や「傾倒」といった愛とは関係の薄い感情であったそうです。

しかし、被験者本人からの報告とは裏腹に、被験者が一目惚れした相手に対して抱く「身体的魅力」は高いことも明らかになっています。実験では初めて出会った異性の身体的魅力をランク付けして提出してもらったそうで、「一目惚れした」と申告した被験者の一目惚れした相手は、身体的魅力が高いと評価された人物であったというわけです。

また、被験者の約60%が女性でしたが、男性の方がより「即座に」一目惚れと感じるケースが多いことも明らかになっています。加えて、全てのケースにおいて一目惚れは一方的なものであり、「男女がお互いに一目惚れし合う」ということは非常にまれなケースであることが研究から明らかになっています。

by Haley Powers

研究者たちは一目惚れを「単に『最初に感じた魅力が強かった』結果、恋に落ちたあとに振り返って『あれは一目惚れだった』と感じているだけ」と結論づけています。

・関連記事
どのように「一夜限りの情事」が理想の結婚に結びつくのか? - GIGAZINE

「意識していなかった人からの告白でもOKする女性が過半数」、恋愛と告白に関する貴重なアンケートデータ公開 - GIGAZINE

ひと夏の恋の相手は体形を、長期的なパートナーは顔を重視して選ぶ男性が多い - GIGAZINE

イギリスで行われた性行為に関する衝撃のアンケート結果 - GIGAZINE

「結婚は自分のためのものではない」幸せな結婚・家族生活の秘訣とは? - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by logu_ii