2017年になってゲームボーイ用新作ソフトがまさかの新発売


1989年に任天堂が発売した携帯ゲーム機・ゲームボーイ用の新作ゲームソフトが、2017年12月3日に発売を迎えました。開発したのはデンマークのゲームメーカーであるTangram Gamesです。

Tobu Tobu Girl
http://tangramgames.dk/tobutobugirl/

Tangram Gamesは2017年12月3日にゲームボーイ用ソフトの「Tobu Tobu Girl(飛ぶ飛ぶガール)」を発売しました。無料でダウンロード可能なデータ版と、限定品のカセット版が用意されているとのこと。作ったのはデンマークのメーカーですが、タイトルの「Tobu」は日本語の「飛ぶ」で、メインビジュアルには「飛ぶ飛ぶ」という日本語表記もあり、日本への思いを感じます。


どんなゲームになっているのかは以下のムービーを見ればわかります。

Tobu Tobu Girl teaser trailer - YouTube


ルールは簡単で、プレイヤーは主人公の女の子を操作してステージ上に配置されている敵キャラクターを踏みつけながら、ステージを縦に駆け上っていけばOK。


足場を使って縦にステージを登っていく、というコンセプトは「アイスクライマー」やWii U用ゲーム「スプラトゥーン」に実装されていたミニゲームの「イカジャンプ」に似ています。


1度のジャンプにつき空中で3回だけダッシュすることが可能で、これを使って敵キャラクターのすき間を縫うように飛んで行く必要があります。主人公の頭上にカウントが出ていて、これがなくなると空中でのダッシュできなくなるというわけ。


画面右下の体力ゲージがなくなるまでは、足場となる敵キャラクターがいなくても空中でジャンプすることが可能。


また、落下時に加速して足場になる敵キャラクターを倒すことも可能です。


限定版として販売されるパッケージ版がコレ。昔懐かしゲームボーイのカートリッジと、説明書もついています。ただし、数量限定で販売していたパッケージ版は既に売り切れとなっています。


Tobu Tobu Girlは無料でダウンロード可能。PDF化されたパッケージや説明書も一緒にダウンロードできるのですが、ダウンロードできるのはゲームボーイ用ソフトのデータなのでエミュレーター等がなければプレイすることはできません。なお、ソースコードはGitHub上でMIT Licenseのもと公開されています。

GitHub - SimonLarsen/tobutobugirl: An arcade platformer homebrew game for the Game Boy


さらに、ゲームのサウンドトラックがBandcamp上で視聴可能です。サウンドを担当したのはpotato-tanさんで、Bandcampから音楽データを購入することもできます。

Tobu Tobu Girl OST | potato-tan

・関連記事
ゲームボーイ用の新作ゲームが登場、ブラウザ上でプレイして感じる懐かしさ - GIGAZINE

クレカサイズで自作ゲームをプレイ可能な超小型ゲームボーイ風ゲーム機「Arduboy」を使ってみました - GIGAZINE

ゲームボーイの「ポケットカメラ」を使ってニューヨークの日常を撮影した写真集 - GIGAZINE

現代っ子がゲームボーイをプレイしようとするとこうなるムービーが面白い - GIGAZINE

伝説となった名機「ゲームボーイ」型のiPhone・iPad用ケース - GIGAZINE

紙のみで忠実にゲームボーイを再現した超精巧なペーパークラフト - GIGAZINE

678

in 動画,   ゲーム, Posted by logu_ii