コメダ珈琲店の「ドミグラスバーガー」はコクのあるソースで食べ応え十分


コメダ珈琲店のハンバーガーが、東日本エリアと中京エリアで「ドミグラスバーガー」にリニューアルされました。リニューアルといっても、自社製バンズ・特製ハンバーグ・専用ドミグラスソースを使って大きく生まれ変わったとのことなので、食べにいってきました。

ハンバーガーがリニューアル!「ドミグラスバーガー」新登場
http://www.komeda.co.jp/info/campaign.php#id_1633

注文してから5分ちょっとでテーブルに運ばれてきた「ドミグラスバーガー」(税込560円)。


パティの上にとろけたチーズ、そしてドミグラスソース。


大きさはこれぐらい、ハンバーガーとしては大きくも小さくもないという印象です。


ナイフがついてきたので、半分にカットしてみました。


パティが従来の1.5倍サイズになったというだけあって、肉厚でまず食べ応えが十分。さらに、ドミグラスソースはまるで洋食屋で出てきそうなコクのある味わいで、パティやチーズと好相性。飲み物と合わせるとおよそ1000円かかりますが、量、質ともに納得感のある品でした。

・関連記事
しっとりやわらかほわっほわの白いコッペパン「コメダ謹製 やわらかシロコッペ」が名古屋駅にオープンしたので食べてみました - GIGAZINE

飲むと口の中でプリンになる謎の新感覚デザートドリンク・ジェリコ「飲むとプリン」をコメダ珈琲店で味わってきた - GIGAZINE

オレンジスライスが見た目に鮮やかなコメダ珈琲店の「太陽のオランジェ」&「抹茶日和」を食べてみました - GIGAZINE

196

in 試食, Posted by logc_nt