ふわふわの熊をスリーブにしてタリーズのホリデーシーズン限定「シュトーレンラテ」「&TEA ストロベリーロイヤルミルクティー」を飲んでみました


気がつくと2017年も残り少なく、クリスマスの飾り付けやイベントが町中にちらほら見受けられる中で、タリーズコーヒーから2017年11月29日より「シュトーレンラテ」と「&TEA ストロベリーロイヤルミルクティー」が登場。また同時にふわふわの熊をスリーブにした「ベアフルスリーブ」も配布開始とのことで、ドイツの伝統的な菓子パンであるシュトーレンをモチーフにしたドリンクとは一体どんなものなのか、実際に飲みに行ってみました。

クリスマスのワクワクを!店舗バリスタ考案の “ベストシグニチャードリンク”「シュトーレンラテ」を11月29日(水)より発売
https://www.tullys.co.jp/company/pressrelease/2017/11/christmas_2017.html


タリーズコーヒーにやってきました。


店頭には「シュトーレンラテ」と「&TEA ストロベリーロイヤルミルクティー」の看板が飾ってありました。


以下の画像の左が「&TEA ストロベリーロイヤルミルクティー」(税込550円)で、右が「シュトーレンラテ」(税込560円)です。トールサイズで、「ベアフルスリーブ」(税込350円)も追加して注文。


ベアフルスリーブにはベージュとホワイト2色があります。ベージュのベアフルスリーブはこんな感じ。つぶらな瞳と「TULLY'S COFFEE」という白抜きの文字が入った赤いリボンがキュート。


ホワイトのベアフルスリーブは、緑のリボンになっています。


ふわふわした手触りですが滑ることなくしっかり持つことができるので、熱い飲み物が紙のカップに入っていても安心です。


「&TEA ストロベリーロイヤルミルクティー」は、上にホイップクリームと刻んだ生のイチゴがトッピングされていました。


ティーはスタンダードなロイヤルミルクティーで、優しい甘さと香り。生クリームは甘さ控えめ、またトッピングされたイチゴの食感とさわやかな甘酸っぱさが上品なロイヤルミルクティーに対していいアクセントとなっています。


「シュトーレンラテ」はクリームと粉糖をまぶしたアーモンドチップ、そして小粒のレーズンがトッピングされ、スパイスとラム酒を使用したソースが絡められています。


ラテはメープルの風味をほのかに感じ、甘すぎるということはありません。ホイップクリームとソースは、甘いお菓子のシュトーレンをモチーフにしていることもあって甘みが強めで、ほろ苦いラテにぴったり。またスライスされたアーモンドチップの香ばしさがラテの香りを引き立たせます。


飲んでいるうちにクリームはラテにすぐ溶けていきました。中に入っていたレーズンは小粒で飲んでいても邪魔にならず、ねっとりとした甘みとまろやかな酸味はラテともいい相性。


「シュトーレンラテ」は税込560円、「&TEA ストロベリーロイヤルミルクティー」は税込550円で、2017年11月29日から12月25日(月)まで、タリーズコーヒーの全国店舗で提供されます。またベアフルスリーブは「シュトーレンラテ」「アイリッシュラテ」「&TEA ストロベリーロイヤルミルクティー」「&TEA カベルネ&ストロベリーティー」1カップにつき1つ、税込350円で別途注文が可能。ベアフルスリーブは次回来店時に持って行くと全てのドリンクが10円引きになりますが、数量限定とのことなので、欲しい人は早めに行くのがよさげです。

・関連記事
スタバに赤・緑のクリスマスカラーで気分が高まる「キャンディー ピスタチオ」や「クリスマス ラズベリー モカ」が登場したので飲んでみた - GIGAZINE

三角形のドーナツでサンタやトナカイ、ツリーを模したクリスピー・クリーム・ドーナツのクリスマス限定メニュー試食レビュー - GIGAZINE

ミスドのクリスマスケーキのようなドーナツ「クリスマスビッグドーナツ」など「クリスマスドーナツ」全11種類を食べてみた - GIGAZINE

5つの最高を追求したという「タリーズコーヒー プライムファイブ 東急プラザ銀座店」に行ってきた - GIGAZINE

84

in 試食, Posted by log1i_yk