デザイン

Googleがチーズバーガーの絵文字を修正、ほかにビールやチーズも


Googleのチーズバーガーの絵文字に対してチーズを挟む位置がパティの下なのはおかしいのではないかと指摘があり、ピチャイCEOが全力で修正すると表明していた件で、Android 8.1で修正対応が行われたことがわかりました。これと合わせて、ビールのジョッキや、ジョッキ2つを合わせて乾杯しているところ、チーズの絵文字も修正されます。

Google Fixes Burger Emoji
https://blog.emojipedia.org/google-fixes-burger-emoji/


絵文字に関するニュースを扱うEmojipediaによると、Android 8.0の「チーズバーガー」は具材が上から「レタス・トマト・パティ・チーズ」という順で挟まれていましたが、Android 8.1では「レタス・トマト・チーズ・パティ」になるとのこと。


このバーガーについては、Googleの社員食堂で「Android Burger」という、修正前の絵文字を再現したチーズバーガーが出される事態にもなりました。


このほか、チーズバーガーほど話題にはなっていませんでしたが、同様に微妙におかしな部分のあった絵文字も修正が行われています。たとえば「ビール」は、ビールが注がれたジョッキが描かれていましたが、泡があふれているのにビール自体はジョッキの途中までしか注がれていなかったものが、満タン注がれた状態に変更されました。


ジョッキを重ねて乾杯する絵文字もビールの絵文字と同様、ジョッキ内のビールの量が修正されています。


チーズは断面部分の穴の処理が修正されました。


絵文字が修正されたAndroid 8.1は開発者向けの最終プレビュー版が公開されており、まもなく一般ユーザー向けにも配信されるとみられています。

・関連記事
謎の絵文字みたいなフォント「Wingdings」はなぜ存在しているのかという知られざる歴史 - GIGAZINE

絵文字で好きなキャラクターを再現する「#ステッカーで推し作れるのか選手権」が海外でも流行 - GIGAZINE

スマホのパスワードとして絵文字を使う研究が進行中 - GIGAZINE

適当にお絵かきすると似た絵文字を見つけ出してくれる「Shapecatcher」 - GIGAZINE

絵文字を並べると意味を無理やり解読する「Decodemoji」 - GIGAZINE

in モバイル,   デザイン, Posted by logc_nt