3Dプリンター製マスクでiPhone Xの顔認証「Face ID」を突破するムービーが公開中


ベトナムのセキュリティ企業である「Bkav」が3Dプリントしたマスクを使ってiPhone Xの顔認証「Face ID」を突破する様子をムービーで公開しました。同企業は2017年11月9日にも手製マスクでFace IDを突破する様子を公開しましたが、前モデルが製作に9~10時間かかっていたのに対して、今回のマスクはほぼ3Dプリンターまかせなので簡単に作ることが可能とのこと。

Bkav’s new mask beats Face ID in "twin way": Severity level raised, do not use Face ID in business transactions - Top News - Bkav Corporation
http://www.bkav.com/d/top-news/-/view_content/content/103968/bkav%92s-new-mask-beats-face-id-in-twin-way-severity-level-raised-do-not-use-face-id-in-business-transactions

3Dプリンターで出力したマスクでiPhone XのFace IDを突破する様子は以下のムービーから見ることができます。

Bkav’s New Mask Beats Face ID in “Twin Way”: Do not Use Face ID in Business Transactions


セキュリティ企業の「Bkav」は2017年11月9日(木)にもFace IDを突破できるマスクを公開していますが、これは概念実証モデルだったとのこと。Bkavは新たに3Dプリンターを使ってマスクを作成。


新しいマスクは石粉を原料とし3Dプリンターで出力。目の部分だけ2Dで印刷したものを貼り付けています。石粉を使うことでFace IDをだませる確率がより高くなるとのこと。


まずは男性がFace IDの登録を行います。


試しにロックしたiPhone Xに顔を向けると……


アンロック


そしてホーム画面にアクセスできました。


続いて、マスクの前にiPhone Xをかざします。iPhone Xの角度や位置を慎重に調整していることから、一定の場所から顔を向けないとうまく動作しないようです。


しばらくするとアンロックされ……


人工的なマスクでもホーム画面にアクセスすることができした。


概念実証モデルは製作に9~10時間ほどかかったとのことですが、新モデルは3Dプリンターで出力するものなので、多くの時間を要さず、コストは200ドル(約2万2000円)ほど。部屋の複数箇所に監視カメラを仕掛けていれば3Dデータを取ることができるので、アルゴリズムを用いれば簡単にマスクを作成可能であり、Bkavは「iPhone Xは仕事の取引のときに使えるだけの安全性はない」と結論づけています。

・関連記事
さっそくiPhone Xの顔認証機能「Face ID」を本人以外が突破してしまう - GIGAZINE

iPhone Xの「Face ID」は性別や年齢が全く異なる別人でも突破できる - GIGAZINE

iPhone Xの顔認証機能「Face ID」でスマホをロック解除すべきではない理由 - GIGAZINE

Appleの顔認証「Face ID」のセキュリティに関するApple公式文書を読み解く - GIGAZINE

iPhone XのFace IDがデモ中に認証失敗した理由をAppleが釈明、「仕様どおり」との見解 - GIGAZINE

iPhone Xのディスプレイにある出っ張り部分にクリエイティブな適応をみせるデベロッパーたちのアイデアが面白い - GIGAZINE

120

in モバイル,   ソフトウェア,   動画,   セキュリティ, Posted by logq_fa