どら焼きらしからぬ空気感&こんもり生クリームと洋酒でケーキみたいな「DOU」の生どら焼きを食べてきました


行列のできるチーズタルト専門店「BAKE」を出店するBAKE Incが開発した新感覚の生どら焼き専門店が「DOU」です。どら焼きなのにケーキのような軽い食感で、こんもりふわふわのホイップクリームも入っており、ほんのり洋酒もきいているという和でも洋でもない生どら焼きを、実際に購入して食べてきました。

PRODUCT | DOU【ドウ】生どら焼き専門店
https://namadorayaki.com/product/

DOUは記事作成時点で池袋店とルミネエスト新宿店の2店舗での展開。今回向かった池袋店は、池袋駅西口の階段を下りてすぐ、東武東上線駅構内にあります。近未来的な店構えですが、一体どこから注文するのだろう……と考えていると……


この丸い穴のところで購入・会計ができる仕組みでした。


ということで、購入。


DOUで販売されている生どら焼きは、生どら焼き(税込324円)と生どら焼きミニ(税込237円)の2種類。


フタを開けるとこんな感じ。


まずはベーシックな生どら焼きから食べていきます。直径は全長123.8mmのiPhone SEと比較するとこのくらい。


高さはこんな感じ。


上の生地をはがしてみると、生地の間にはぎゅうひと粒あん、たっぷりのホイップクリームが挟まれていました。


ということでさっそくいただきます。


生地はシフォンケーキやスポンジケーキのような空気感なのですが、確かにどら焼き生地っぽい蜜っぽさもあります。生地に加えてホイップクリームが非常に軽いので、頭の中でいつものどら焼きを思い描きつつ食べると、あまりの軽さにむちゃくちゃ驚くことになりました。


ぎゅうひも柔らかめなので、ほとんどかむ必要のないスイーツ。生地や粒あんは甘めなのですが、ホイップクリームは甘みが少なく、ミルクのコクがありながらもすっきりした味わいなのが絶妙なバランス。ふんわりとラム酒の香りが漂うので紅茶やコーヒーにもあいそうです。


生どら焼きミニはこんな感じ。こっちは2個からの購入となっています。


サイズはこのくらい。


構成は同じなのですが、こっちは片手でも持ちやすいミニサイズ。ベーシックな生どら焼きは1つ食べきるとかなり甘い印象だったので、ミニサイズを飲み物と一緒に少しずつ食べるのもありです。

・関連記事
ありえないボリュームのクリームがサンドされた生どら焼きが食べられる「朧八瑞雲堂」に行ってきた - GIGAZINE

毎月3日間だけ限定で販売される笹屋伊織の「どら焼き」を食べてみました - GIGAZINE

あの堂島ロールを烏骨鶏卵・和三盆・北海道小麦など厳選素材で作った「堂島ロール~極み~」を食べてみた - GIGAZINE

12倍の大きさの「森幸四郎1kgどら焼き」など大丸東京店1周年記念びっくりビッグサイズお菓子試食レビュー - GIGAZINE

236

in 試食, Posted by logq_fa