いかにもアメリカンな本格バーガーを楽しめるLA発の「Johnny Rockets」に行ってみました


アメリカ・ロサンゼルス発の「Johnny Rockets」は、これぞ「アメリカのハンバーガー」と呼べる本格的なハンバーガーを楽しめるハンバーガーショップとして人気です。古き良きアメリカの雰囲気を残すロサンゼルスの店舗に行って、アメリカンなバーガーを堪能してみました。

Johnny Rockets | The Original Hamburger
https://www.johnnyrockets.com/

ロサンゼルス・ダウンタウンのリトルトーキョー付近にある「Johnny Rockets Little Tokyo」は、テラス席を備える店舗です。


住所は「131 S Central Ave, Los Angeles, CA 90012


いかにも「アメリカのハンバーガー」らしいポスター。


店内は厨房が見えるレジカウンターで商品を注文する、一般的なファストフードのスタイル。もちろん店内で食べる以外にテイクアウトも可能です。


記事作成時点では、Johnny Rocketsの公式ページで「会員登録でオリジナルバーガーが一つ無料」というプレゼントが行われていました。

公式サイトを下にスクロールすると、登録フォームが現れます。


ここに名前・郵便番号・誕生日・メールアドレスを入力して、「SIGN UP」をクリックすればOK。


数分で登録したメールアドレスに、クーポンコードが入った登録完了メールが届きました。この画面をレジで見せれば、ハンバーガー1個購入時に無料でオリジナルバーガーをもらえます。


サンドイッチなどのモーニングメニューもありましたが、せっかくなのでハンバーガーメニューを注文。オリジナルバーガー「The Original」は、しっかりと無料になっていました。


ドリンク(1.99ドル:約220円)を注文するとカップがもらえます。


iPhone 6sよりも背の高いカップは、日本の大サイズ。


店内のドリンクディスペンサーでドリンクを入れるセルフサービスタイルです。


店内のポスターはいかにもアメリカンなイメージ。


厨房をのぞくと、鉄板でバンズも焼いていました。


パティやベーコンなどもジュージュー焼いていきます。店内にひろがるハンバーガーの香ばしい香りは食欲をそそります。


約10分で到着した「Bacon Cheddar」(8.99ドル:約1000円)


ポテト付き。


ポテト用のスマイルデザインのケチャップ。


なおケチャップや塩、こしょうがテーブルにあるので、調味料を自分好みに足すことは可能です。


ふんわり厚めのバンズからハンバーグやベーコンがはみ出るバーガーは、崩れないようにピンでとめられていました。


レタス、ベーコン、チェダーチーズとハンバーガーの王道を行くトッピング。


バーガーをむんずとつかんでいざ実食。


分厚いバーガーは食べ応え十分。両手で押しつぶすようにしないと口に入らないほどのボリュームに、「今、ハンバーガーの本場アメリカにいるんだな」という実感が沸いてきます。


ハンバーグは肉汁たっぷり。


したたる肉汁と格闘しつつ食べることになります。


ジューシーながら表面がパリっとなるように焼かれたハンバーグのうまみのおかげで、巨大バーガーは瞬く間に姿を消しました。


トレーのゴミはゴミ箱に捨て、トレーを返却して店をたちます。


無料でゲットした「The Original」(7.99ドル:約900円)は持ち帰り(to go)にしました。


ハンバーガーはアルミホイルにくるんだ状態でした。


アルミホイルの下に包装紙でつつんであります。


ポテトとケチャップ付き。


店舗を出てから3時間ほど経過していたのですっかり冷めていたThe Originalでしたが、ジューシーさは健在。朝にBacon Cheddarを食べたにもかかわらず、昼食用のOriginalも瞬く間になくなりました。


いかにもアメリカンな本格バーガーを存分に楽しめる「Johnny Rockets」は、ロサンゼルスやニューヨークなどに店舗を構えています。かつては東京・六本木にも進出していたJohnny Rocketsの日本再上陸を期待せざるをえない、クオリティの高いハンバーガーでした。

・関連記事
もはや自立できない程に凶暴な巨大ハンバーガーを「Zark’s Burgers」で食べてみた - GIGAZINE

225gの巨大パティ使用の「カールスジュニア」シックバーガーを食べてきた - GIGAZINE

日本の「旨み」を取り入れ「史上最も影響力のある17のバーガー」に選ばれた和風ハンバーガー「UMAMI BURGER」を食べてみました - GIGAZINE

肉らしさ全開のシャックバーガーを日本初上陸の「シェイク シャック」で食べてきた - GIGAZINE

手で持って食べられないほど超巨大な「肉×肉」のハンバーガーが食べられる「ANY’s BURGER」試食レビュー - GIGAZINE

84

in 試食, Posted by logv_to