むっすりとした表情とふんわかボディーの「猫のニャムチャ」はほっこりと癒やしの味


オンライン通販サイト「FELISSIMO フェリシモ」ではWEB限定で「秋のスイーツ仕立てのふんわかボディー 猫のニャムチャ」を販売していました。思わずすりすりしたくなる猫みたいなかわいいふんわかボディーのニャムチャが編集部に到着したので、早速愛でつつ食べてみました。

フェリシモR(アール)|秋のスイーツ仕立てのふんわかボディー 猫のニャムチャ
https://plus.felissimo.co.jp/products/detail.php?product_id=10488&uniq_id=1622QR16031

「秋のスイーツ仕立てのふんわかボディー 猫のニャムチャ」はクール便で届きました。


パッケージにはかわいらしい猫が描かれているのですが、配達の伝票が貼り付けられていたため一部はがれてしまいました。


梱包に使われていたシールにも、かわいらしい猫の足跡模様。


箱を開けると白と黒のニャムチャが4個ずつ並んでいました。


商品説明と調理方法の説明書きも同封されています。「ずるいくらいのかわいい姿をしばし愛でて、あたたかいうちに召し上がれ!」とのこと。


白い猫と黒い猫をひとつずつ取り出してみました。しばし愛でてから、電子レンジで調理します。


iPhone Xを並べて大きさ比較。コンビニの中華まんほど大きくはないですが、ひとくちサイズより少し大きめです。


ふんわり食感を出すために軽く水にくぐらせて……


ラップをして、電子レンジに投入。1個当たり600Wで1分の待ち時間です。


電子レンジから取り出すと、ふんわりと甘い香りが漂ってきました。


生地がふんわりとしているせいか、ラップのかけ方を失敗するとギュッと押しつぶされてしまいます。上手にできるまでに、右の4つを犠牲にしていまいました。


まずは白いニャムチャから食べてみます。


白いニャムチャの中身は、種子島産のさつまいもを使用した「安納芋あん」。二つに割ってみると、芋の香りがグワッと広がります。芋あんはとても舌ざわりなめらかで、食感と味わいは干し芋を食べているよう。それほど甘くは味付けされておらず、しっかりと芋の甘みが分かります。電子レンジでの調理でも、上手にやればふわふわやわらかな生地に仕上がりました。なお調理に失敗したものも、生地が少し固かったものの、芋あんはなめらかでした。


黒のニャムチャは、渋皮栗を使用した「マロングラッセあん」です。


ポロポロと崩れてしまううマロングラッセあんですが、食べてみると実はしっとりとした舌ざわり。甘さは控えめで「白いニャムチャ」ほど素材の味は強くはありませんが、栗の風味がふわっと広がる感じです。食べていると水分が欲しくなる味わいで、甘さ抑えめなこともあり、あたたかいお茶と一緒にいただくとグッド。


秋の味覚、本格飲茶「ニャムチャ」はWEB限定の販売で、白と黒それぞれ4個ずつの8個入りで税抜3200円(送料込み)。本体価格のうち77円は「フェリシモの猫基金」として運用されるとのことです。「ニャムチャ」は2017年10月25日ですでに販売終了してしまっていますが、2017年12月6日まではクリスマス仕様の愛らしい猫形のマシュマロ「nyarshmallow ニャシュマロ」の注文を受け付けしています。

フェリシモR(アール)|心躍るツンデレにゃんのニャシュマロクリスマス 12個セット

・関連記事
三角形のドーナツでサンタやトナカイ、ツリーを模したクリスピー・クリーム・ドーナツのクリスマス限定メニュー試食レビュー - GIGAZINE

Suicaカードでおなじみのとぼけた顔に見つめられる「Suicaのペンギン チョコレートケーキ」を食べてみた - GIGAZINE

チョコレートのつぶらな瞳がみつめてくる「タヌキとキツネ」コラボドーナツを食べてほっこり癒されてみた - GIGAZINE

ミスドのクリスマスケーキのようなドーナツ「クリスマスビッグドーナツ」など「クリスマスドーナツ」全11種類を食べてみた - GIGAZINE

141

in 試食, Posted by log1e_dh