辛さで体が温まること間違いなしの松屋「豆腐キムチチゲ膳」「チゲ豚カルビ焼膳」を食べてみた


これから寒さが本格的になる時期に、松屋が2017年11月7日(火)から「豆腐キムチチゲ膳」と「チゲ豚カルビ焼膳」を販売します。寒い季節に体を温めることができるのか、実際にお店に行って確かめてみました。

豆腐キムチチゲ膳発売!|松屋フーズ
https://www.matsuyafoods.co.jp/2017/10/31/4012/

早速、松屋にやって来ました。


店頭には「豆腐キムチチゲ膳」のポスターが貼りだされていました。


食券を購入し、店員さんに渡すと約3分ほどで税込590円の「豆腐キムチチゲ膳」が到着。「豆腐キムチチゲ膳」は豆腐キムチチゲ・小松菜ナムル・生卵または半熟卵にライスが付きます。今回、卵は生卵、2017年11月14日(火)15時まで無料でライスを大盛に変更できるということで、ライス大盛で注文しました。


豆腐キムチチゲからはコチュジャンとキムチが混ざった香り。辛そうな予感を感じさせます。


豆腐キムチチゲには豆腐……


キムチ


牛肉と……


真ん中にねぎが載っています。


豆腐から食べてみます。豆腐は絹ごし豆腐でとてもなめらかな舌触り。スープと違和感なくマッチしていて、まるでスープの一部なのではないかと感じてしまいます。スープはコチュジャンとキムチに魚介の風味が合わさっていて、コクがあります。また、強い辛味は本格的なキムチチゲのそれと言ってよく、食べるたびに体温の上昇していくのを感じるので、ダラダラと汗が流れ落ちてきます。


次に、キムチを口に運んでみると、シャキシャキとした食感を楽しむことができ、スープに味が逃げていないので、しっかりとしたキムチとして味わえます。スープの辛さも効いているのか、普通に食べるキムチよりも辛く感じます。


続いて牛肉を箸でつまんで食べてみます。牛肉は食べ応えがあり、スープの味もしっかりとしみ込んでいるので、噛むたびにスープの味と肉汁がしみ出てきて、焼いた牛肉では味わえない味わいになっています。


ここで生卵を割ってかき混ぜ、溶き卵を作ります。


豆腐キムチチゲに入れて……


溶き卵をインした豆腐キムチチゲが完成。早速食べてみると、卵をかけることで、スープがまろやかに変化。ただ、スープの強い辛味はそこまで和らぐことはないので、辛いものが苦手な人は注意を。


小松菜ナムルはそれほど濃くなく、あっさりとした味付けですが、豆腐キムチチゲとの相性はグッド。さらに豆腐キムチチゲの辛さを一瞬忘れさせてくれるので、辛さに耐えきれなくなったら、このナムルで一休みできます。


白いご飯は豆腐キムチチゲとの相性は抜群。豆腐キムチチゲと交互に食べていくとパクパクと食が進みます。


もう一つのチゲメニュー「チゲ豚カルビ焼膳」(税込780円)。豆腐キムチチゲ膳に豚カルビ焼肉がついています。


豚カルビ焼肉は、カルビに大根おろしとネギがついています。


口に運んでみると、肉の香りを楽しめますが、とてもあっさり。特に味付けはされていないので、大根おろしやネギにポン酢など色んなバリエーションで楽しめます。


豆腐キムチチゲは食べた後も体がポカポカと温かいままなので、この時期だと上着なしで外を歩いても問題ないくらいでした。寒さが厳しくなるこれからの季節にピッタリの一品だと思います。

なぜ痛みを伴うほどの「激辛」を愛してしまうのか? - GIGAZINE

なぜ激辛唐辛子メニューを食べた後に水を飲んでも効果がないのか - GIGAZINE

らんま1/2のコラボカフェ「らんま1/2カフェ」であかねの特製カレーや猫飯店の五目ラーメンなど原作再現メニューを全制覇してきた - GIGAZINE

たった5分で雲のようなふわとろ卵かけご飯が完成する「究極のTKG」速攻レビュー、実際に作るとこんな感じ - GIGAZINE

世界で2番目に飲まれている飲み物「お茶」の歴史がわかるムービー - GIGAZINE

74

in 試食, Posted by log1j_ty