脳はアメフトをプレイすることでここまで変わってしまう

by Sandro Schuh

殺人事件で逮捕され2017年4月に刑務所内で自殺した元アメリカンフットボール選手の脳を切り開いて調査したところ、行動や意志決定をコントロールする部位を大きく損傷していたことが分かりました。

BU CTE Center Statement on Aaron Hernandez: | CTE Center
https://www.bu.edu/cte/2017/09/21/bu-cte-center-statement-on-aaron-hernandez/

Aaron Hernandez suffered from most severe CTE ever found in a person his age - The Washington Post
https://www.washingtonpost.com/sports/aaron-hernandez-suffered-from-most-severe-cte-ever-found-in-a-person-his-age/2017/11/09/fa7cd204-c57b-11e7-afe9-4f60b5a6c4a0_story.html

Football's Aaron Hernandez, dead at 27, had the worst CTE of anyone his age. — Quartz
https://qz.com/1125605/footballs-aaron-hernandez-dead-at-27-had-the-worst-cte-of-anyone-his-age/


高校時代からアメリカンフットボールで目立つ選手だったアーロン・ヘルナンデスは、フロリダ大学在学中の2010年にNFLドラフトにエントリーし、ニューイングランド・ペイトリオッツに入団。タイトエンドとして活躍していましたが、2013年6月、婚約者の妹の恋人を射殺したとして逮捕され、終身刑の判決を受けました。そして2017年4月19日未明、刑務所内で自殺しました。27歳でした。

by Denverjeffrey

ボストン大学の医師らはヘルナンデスの脳をスキャンした画像を公開し、慢性外傷性脳症(CTE)の状態であったことを報告。これまでに報告されている同年代の患者の脳の中で最も深刻な症状であったことを発表しました。CTEは通常、死後に脳を切り開かないと診断することができないとされています。

医師らによるとヘルナンデスの脳は、よい行動の選択や意志決定に影響を与える前頭葉に大きなダメージを受けており、脳の萎縮やタウ・タンパク質に関連した影も見られたとのこと。ワシントンポストは、新しいスライドが表示されるとカンファレンスに出席していた医師らが息を飲む場面もあったと伝えています。


病理学・神経学の教授であるアン・マッキー医師は、「CTEの患者は衝動のコントロールや意志決定、攻撃を抑制すること、感情の移りかわり、怒りなどを制御するのが難しいのです」とカンファレスで語りました。

CTEの診断は4段階で行われ、ヘルナンデスはステージ3だと診断されています。医師によると、これまで46歳以下のステージ3患者は報告されていません。ボクサーやアメリカンフットボールのプロ選手が、フィールドでの脳しんとうを繰り返した後にCTEになると考えられており、NFLにおいてもCTEは大きな問題となっています。

・関連記事
怒りで我を忘れるとき、体の中では何が起きているのか? - GIGAZINE

怒り・悲しみ・失望など自分の「負の感情」を否定する人はうつ病などの気分障害になりやすい - GIGAZINE

将来アルツハイマー病にかかる人を脳のMRIスキャン画像から機械学習アルゴリズムで判別可能に - GIGAZINE

脳はこれまで考えられていたより10倍も活動的 - GIGAZINE

人間の脳はマルチタスクに向いていない - GIGAZINE

「適量のお酒」ですら脳の認知機能の低下を早めるとする調査結果 - GIGAZINE

数学の問題を解くと脳は4つの変化を起こす - GIGAZINE

172

in サイエンス, Posted by logq_fa