ピザの味を再現したポテトチップス「ピザポテト」の味を再現したピザ「ピザポテトピザ」3品をグロリアスチェーンカフェで食べてきた


イタリアの衣服メーカーDIESELが運営するカフェ「グロリアスチェーンカフェ」のメニューに、カルビーの人気ポテトチップス「ピザポテト」とコラボした「ピザポテト味のピザ」が2017年11月6日から登場しています。ピザの味を再現したピザポテトの味を再現したピザという、なんだかよくわからないその実態を確かめるべく、ピザポテトの味を再現した「ピザポテトピザ」、今秋発売のカルビーの新商品「ピザポテト 濃厚チーズ味」を再現した「ピザポテト 濃厚チーズピザ」、グロリアスチェーンカフェの看板メニューとピザポテトを合体させた「グロリアスピザ」の3種を味わってきました。

ピザポテト味のピザ
https://www.diesel.co.jp/news/diesel/lifestyle/gcc-pizzapotato-20171101

Glorious Chain Café SHINSAIBASHIにやってきました。Glorious Chain Caféは大阪の心斎橋のほか、渋谷にも1店舗あります。


店頭にはピザポテトコラボの立て看板がありました。


早速「ピザポテトピザ」と「ピザポテト 濃厚チーズピザ」のドリンクセットを注文すると、抽選に参加することができました。ピザポテト仕様のリュックサックなど豪華賞品が当たるそうですが、結果は2回ともハズレ。残念賞としてピザポテトピザのチーズが激しくとろけているデザインのステッカーをゲット。


お先にドリンクが到着。変わった形のコップです。


スプーンやフォークも、持ち手の先がスパナになっているという独特のデザインをしていました。


注文から10分ほどすると、「ピザポテトピザ」が特製ボックスに入って到着。


ピザのサイズをiPhone Xと比べてみると、一般的な宅配ピザよりは小ぶりで食べやすいサイズです。


エメンタールとチェダーチーズがたっぷりと広がる上にサラミのトッピング。


さらにその上から「追いチーズ」がピザをはみ出してかけられています。


同じく「追いチーズ」されたピザポテトも添えられていました。


ひときれ切り分けると、あふれんばかりのチーズがトロリとのびて食欲をそそります。


ひとくち食べた感想としては、ピザポテトの味にかなり近く、ポテトチップスの塩気が深いうまみに変わっている、という感覚でかなりアリ。チーズがこれでもかと重ねられているため口に入れたときにガツンと濃厚さがあるものの、あとを引くクドさはピザポテトよりも気にならない程度でガツガツ食べてしまいました。もちもちした生地ととろとろしたチーズの相性がバツグンなので、おしゃべりに夢中になっている間に冷めて固まらないようにという点にだけは注意。


追いチーズされたピザポテトも食べ比べしてみます。ピザポテトは「ピザ感」をかなり強く感じるスナックですが、追いチーズによってさらにピザっぽさに広がりが生まれます。


試しに「ピザポテトピザ」に「ピザポテト」をトッピングして食べてみました。これが中々にあたりで、ピザの味わいのなかにザクザクとした食感があるのは面白く、またピザポテトの塩気が濃厚チーズのなかでほどよいアクセントになっていました。


つづいて「ピザポテト 濃厚チーズピザ」をオープン。こちらは具のトッピングはなく、とにかくチーズが重ねられたピザで、濃厚な香りがふわっと漂ってきます。


エメンタール・チェダー・ゴルゴンゾーラ・モッツアレラチーズがふんだんに使われたクアトロ・フォルマッジで、「ピザポテトピザ」ではもっちりだったピザ生地が、サクッとした食感に薄く焼き上げられていました。


取り分けてみると、何層にもなったチーズが目を引きます。


「ピザポテト 濃厚チーズピザ」は、サクッとした食感にチーズのうまみがぐわっと広がるのがグッド。ただ「ピザポテトピザ」と比べると「とにかくチーズ」という感覚が強く、少し物足りなさも感じます。深みがあって濃厚な味わいながら、塩辛く濃いわけではないので、ワインのおともにしたい上品なピザです。「ピザポテト 濃厚チーズ味」の味とは離れているものの、チーズ好きにはたまらない一枚になっていました。


最後は「グロリアスピザ」。「グロリアスピザ」はグロリアスチェーンカフェの看板メニューであるハンバーガーのパティ、エッグベネディクトに使用するポーチドエッグをトッピングしたビスマルク風ピザに、ピザポテト流の「追いチーズ」をかけていただくぜいたくな一枚です。


中央にのせられたポーチドエッグとパティ。箱を開いた瞬間からパティの重厚な香りが漂い、よだれがとまらなくなります。


ポーチドエッグをとろりと割って、いただきます。とろりと濃厚なチーズのなかでしっかりと主張するパティのうまみがガツンとした味わい。パティからしみ出るスパイシーな風味が濃厚なチーズソースのクドさを吹き飛ばし、かなりボリュームがあるピザでありながら次へ次へと手を伸ばしてしまいます。チーズとパティのパンチの強さをタマゴがまろやかにしてくれるのも非常にグッド。「ピザポテト」はあまり関係ありませんが、ガツンとうまいピザとしてオススメしたい一枚でした。


グロリアスチェーンカフェ×ピザポテトのコラボメニューは2017年の11月6日から11月30日までグロリアスチェーンカフェ渋谷、心斎橋にて販売予定。価格はすべて税込で「ピザポテトピザ」が980円、「ピザポテト 濃厚チーズピザは」1080円、「グロリアスピザ」は 1180円です。プラス310円で、豪華賞品が当たる抽選に参加できるドリンクセットを注文できます。

・関連記事
フォードがドミノ・ピザと協力して自動運転カーでのピザの宅配を実地テスト - GIGAZINE

ハンバーガー風にアイスや果物をパンに挟んだ「アイスクリームバーガー」をグロリアスチェーンカフェで食べてきました - GIGAZINE

ピザポテトやポテチがコロッケとしてご飯のおかずになる「カルビーポテト」を食べてみた - GIGAZINE

アイスで作られたピザを丸ごと1枚食べられるそのまんまの名前のサーティワン「アイスクリームピザ」を食べてみた - GIGAZINE

フライドチキンをピザ生地代わりにした衝撃のジャンクフード「CHIZZA」第2弾、「CHIZZA プルコギ」試食レビュー - GIGAZINE

529

in 試食, Posted by log1e_dh