試食

1111円で串カツ全11種食べ放題の「串カツ田中」で二度づけナシで時間いっぱい食べまくってきた


毎年11月11日はポッキー&プリッツの日麺の日電池の日などいろんな記念日に制定されていますが、大阪名物の串カツやかすうどんを全国で提供する「串カツ田中」では、11月11日を「串カツ田中の日」と定めています。それを記念して11月1日から11月11日までなんと串カツが1111円で食べ放題という驚きの企画がスタート。早速串カツを食べまくってみました。

お知らせ | 11月11日『串カツ田中の日』!|串カツ田中
https://kushi-tanaka.com/news/entry/417

「串カツ田中」にやってきました。


案内された席へ向かうと、机の上にはソースとキャベツが置かれていました。


壁を見ると「ソース二度づけ禁止!!」と力強く書かれた紙。


テーブル上のメニュー表にも「二度づけ禁止 千円罰金!」というルールがしっかりと書かれていました。


ちなみに、食べ放題が1111円、飲み放題付きでも2222円なので、今回は5人で「串カツ11種食べ放題&飲み放題」を選択。最初に店員さんから一度に注文できるのは1人5本まで、注文はバット交換制など基本ルール説明を受けます。


まずは串カツ3本セットが届くということで、キャベツをつまみながら到着を待ちます。ソースは粘度の低いウスターソース。ぴりっとスパイシーですが甘味もあって奥行きのある味わい。


「お待たせしました!」という威勢のいい声とともに置かれた串カツ3本セット。


まずはグラスを合わせて乾杯、食べ放題スタートです。


3本セットのうち1本。何やら丸いネタですがこれは一体なんでしょうか。おそるおそるソースをつけていただきます。


箸で中身を確認してみると、「つくね」でした。ふわふわでジューシー。


「れんこん」はシャキシャキとした歯ごたえとねっとりした舌触り。ほっこりとした甘みがたまりません。


ソースが足りないと思っても、一旦つけてしまえば二度づけは禁止ですが、ソースに浸したキャベツを使えば問題ありません。


四角いネタはなんだろうと思って食べてみると……


「ハムカツ」でした。ハムも分厚くカットされており、食べ応え抜群。


3本セットはあっという間に腹の中へ消え、続きをいろいろ注文してみました。


これは「アスパラ」。串カツなのに串に刺さっていません。とにかくものすごい長さ。


長辺が138.1mmあるiPhone 6の2倍近い、立派なアスパラです。


思ったよりも柔らかく、甘みがあるのでソースがよく合います。


「紅ショウガ」の串カツもありました。関西では紅ショウガの揚げ物はなじみがありますが、関西以外出身の編集部員からは「え!紅ショウガって揚げて食べるの!」とカルチャーショックの声。


iPhone 6と同じぐらいの大きさがあります。


スライスした紅ショウガは揚げると酸味や辛味はマイルドになり、甘みがぐっと増します。


「うずら」は、串に刺さった団子のように3つ並んで揚がっています。


テーブルの上にはソース以外にも激辛ソースや醤油、塩や七味が置かれていました。


ここは「めっちゃ辛い!お子様使用禁止!」と書かれた串カツ田中特製の激辛ソースを選択。トマトやりんご、マンゴーやはちみつなどが入った本格的なソースです。


うずらに激辛ソースをかけていただきます。こちらはどろりとしたソース、食べてみると最初は辛くありませんが、あとからじんわりと辛さがやってきます。ただし辛いだけではなく、甘みやうまみもしっかりと感じられます。たくさんつけると辛すぎるので、様子を見ながらつけるのがオススメ。


カツばかり食べていると胸やけしてしまうので、合間合間にキャベツを食べます。パリパリとした食感が小気味よいです。


この半円状のカツは……


「玉ねぎ」でした。かなり分厚く切られていますが、もちろん中までちゃんと火が通っており、シャキシャキというよりもほっこりした食感。


こちらの三角形をしたカツは……


ほっくほくの「ジャガイモ」でした。


串カツといえば外せない「エビ」。ぴんとまっすぐ伸びて串に刺さっていました。一口食べてみるとプリプリで、一緒に試食していた編集部員も思わず追加注文。


もちろん定番の「串カツ豚」も注文。脂が乗っていてジューシー。


「串カツ牛」は豚よりもあっさりしていますがうまみたっぷり。豚よりも肉は少し固く、食べ応えがあります。やはり肉は強い。


以上、「つくね」「ハムカツ」「れんこん」「アスパラ」「紅ショウガ」「うずら」「玉ねぎ」「ジャガイモ」「エビ」「串カツ豚」「串カツ牛」の全11種が今回の食べ放題で対象になっているメニュー。気がつくと串立てにはすさまじい量の串が刺さっています。


上記11種に加えてさらにもう1品、「串カツ棒」と呼ばれる品もありました。ぱっと見た感じではただの揚げた串ですが、なにやら甘い香りがします。


おそるおそるソースにつけて食べてみると……


なんとポッキーのカツでした。しかし決してゲテモノという訳ではなく、ソースをつけなければお菓子のような感覚で意外とアリ、という声もありました。


思う存分串カツを食べているうちに、気がつけば制限時間である120分が終了。


バットの上にざらっと広げて数えてみたところ、なんと100本を超えていました。平均して1人あたり20本食べた計算になりますが、どの串カツも揚げたてで、しかもひとつひとつの串カツがちゃんとサイズがあってボリューム満点。十分お腹いっぱいになりました。


串カツ田中のコストパフォーマンスが良すぎる串カツ食べ放題は2017年11月1日から11月11日までの期間限定で、食べ放題のみで税抜1111円、飲み放題追加で税抜2222円。食べ放題の場合はお通し代とワンドリンク、食べ放題&飲み放題の場合はお通し代が別途必要です。また18時までの事前予約が必要な完全予約制で、串カツ田中の各店舗公式サイト「Yahoo! ダイニング」から予約が可能です。

・関連記事
「塊肉」などの牛ステーキから豚・鶏・馬・鹿・ラムまで食べ放題の「300B ONE」で肉まみれになってきた - GIGAZINE

超絶柔らかな肉の塊がお手頃価格で食べられて満足度マックスになれる「ステーキ共和国」 - GIGAZINE

激レア&ジューシーなお肉が食べ放題なブラジルの焼き肉「シュラスコ」をBarbacoaで食べてきた - GIGAZINE

3000円以下で揚げ物三昧を実現するTWINBIRDの電気フライヤーを使ってみた - GIGAZINE

プロ並みの「熟成肉」が自宅の冷蔵庫で簡単に作れる「The SteakAger」 - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1i_yk