米大統領選でロシアの関与した「ロシアゲート」のFacebook投稿は1億2600万人にリーチ・ツイートは13万1000件・YouTubeには1000本以上の動画

by CJ Anderson

2016年に行われたアメリカ大統領選を巡ってはロシアによる干渉の疑いがあり、「ロシアゲート」と呼ばれて捜査が行われています。この過程で、Facebookではアメリカの世論に溝を作るための投稿が1億2600万人の目に触れ、Twitterでは13万1000件のツイートが行われ、YouTubeには1000本以上の映像がアップロードされたことがわかってきています。

◆Google
Security and disinformation in the U.S. 2016 election
https://www.blog.google/topics/public-policy/security-and-disinformation-us-2016-election/

Security and disinformation in the U.S. 2016 election: What we found
(PDFファイル)https://blog.google/documents/6/google_US2016election_findings.pdf


Googleは調査結果を自ら公開しています。この資料によると、2016年のアメリカ大統領選期間中、ロシアのサンクトペテルブルグに本拠を置く「Internet Research Agency」という会社と関連したアカウントがGoogle検索と広告に4700ドル(約53万円)を費やしたことがわかったとのこと。Internet Research Agencyは、2014年にロシアとウクライナとの間が緊張関係に陥った「クリミア危機」の際、世論形成のためにネットを利用した活動を展開した会社としてBuzzfeedに名前を挙げられています。

また、YouTubeでも同様の意図で映像を配信するチャンネルが18件見つかりました。政治とは無関係な「個人的な旅行記録」のようなものも含め、映像は合計で1108本・43時間分あったとのことで、2015年6月から2016年11月までの間にアメリカから30万9000回見られていました。ただし、ほとんどの映像の視聴回数は極めて少なく、5000回以上見られたものは全体の3%ほどでした。Googleはこれらのチャンネルを凍結処理済みです。

Gmailではキャンペーンと関連するアカウントが他のプラットフォームを利用した形跡が見つかっていて、他社と情報共有を行ったとのこと。

なお、Google検索・Googleニュースでは人為的なランキング操作は見当たらず、Google+ではキャンペーン関連の投稿を行っているアカウントはなかったとのことです。

◆Facebook
Facebookの調査結果は、法務を担当するコリン・ストレッチ弁護士が上院司法小委員会の聴聞会で2017年10月31日(火)に報告することになっており、ニューヨークタイムズやRecode、The Vergeなどが内容を報じています。

Russian Influence Reached 126 Million Through Facebook Alone - The New York Times
https://www.nytimes.com/2017/10/30/technology/facebook-google-russia.html


Facebook says 126 million people in the U.S. may have seen posts produced by Russian-government-backed agents - Recode
https://www.recode.net/2017/10/30/16571598/read-full-testimony-facebook-twitter-google-congress-russia-election-fake-news

Russia’s election posts reached 126 million people, Facebook will tell Congress - The Verge
https://www.theverge.com/2017/10/30/16578022/facebook-senate-testimony-russia-126-million-people

この情報によると、FacebookではInternet Research Agencyと関連するアカウントによって8万件以上の投稿が行われ、2015年1月から2017年8月までの間に2900万人が直接閲覧。シェアによって広がったものを含めると目にした人の数は1億2600万人にも上るとのこと。

また、Instagramでは12万件の投稿を行っていた170のアカウントの削除が行われたそうです。Instagramでの情報がどれぐらい広まったのか、ストレッチ弁護士は数字を明らかにしていません。

◆Twitter
Twitterも同様に、聴聞会向けの資料の内容が報じられています。Twitterでは2016年9月から2016年11月までの間にInternet Reseach Agencyと関連するアカウントが2700以上見つかっており、13万1000件のツイートを行っていたとのこと。Twitterはこれらのアカウントを凍結処分としています。

また、Internet Reseach Agencyとは関連がないとみられるアカウントで、上述の期間中にロシアと関連するツイート合計140万件を行っていた3万6000件以上のボットアカウントも見つかっています。これらのツイートは、合計で2億8800万ビューを集めました。ちなみに「140万件」という数字は、この期間中の選挙関連ツイート全体の0.3%相当だったそうです。

「ロシアゲート」を巡っては、トランプ陣営の選挙対策本部長だったポール・マナフォート被告とマナフォート被告のビジネスパートナーだったリック・ゲイツ被告、外交政策顧問だったジョージ・パパドプロス被告が2017年10月27日(金)に起訴されています。

トランプ氏元選対本部長ら3人起訴、特別検察官のロシア疑惑捜査 - Bloomberg
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-10-30/OYMYH36VDKHS01

・関連記事
ロシアの情報機関がアメリカの地方自治体職員122名にサイバー攻撃を仕掛けていたことがNSA機密文書から判明 - GIGAZINE

Facebookがロシアのフェイクアカウントに1100万円分の広告を販売 - GIGAZINE

Twitterが新極右のアカウントを凍結&何十万ものボットが大統領選でツイートしまくっていたことが発覚 - GIGAZINE

トランプ大統領のTwitterアカウントのフォロワーの約半数は偽アカウント - GIGAZINE

「イスラム国」は4万6000ものTwitterアカウントを駆使していると判明 - GIGAZINE

23

in メモ, Posted by logc_nt