美少女キャラクターを人工知能が自動生成してくれる「MakeGirls.moe」


MakeGirls.moe」は、「髪の色」「髪型」「目の色」と「笑顔かどうか」「赤面しているかどうか」などの条件を指定すると、人工知能が条件に合った適切な美少女キャラクターを生成してくれるサービスです。条件次第で生まれてくるキャラクターの姿は千差万別なので、きっとお気に入りのキャラクターと出会えるはずです。

MakeGirls.moe - Create Anime Characters with A.I.!
http://make.girls.moe/


制作者はYanghua Jinさん(Aixile)とJiakai Zhangさん。

使い方は非常に簡単で、右側にキャラクターを生成するときの諸条件が用意されており、準備できたら左側の「Generate」を押すだけです。できあがる画像のサイズは128ピクセル×128ピクセル。


選べる髪の色はランダム、ブロンド(金)、茶、黒、青、ピンク、紫、緑、赤、銀、白、オレンジ、水色、灰色。


選べる髪型はランダム、長髪、短髪、ツインテール、ドリル(巻き髪)、ポニーテール。


目の色はランダム、青、赤、茶、緑、紫、黄色、ピンク、水色、黒、オレンジ。


このほかに「赤面(Blush)」「笑顔(Smile)」「口を開けている(Open Mouth)」「帽子(Hat)」「リボン(Ribbon)」「メガネ(Glasses)」について「なし・ランダム・あり」から選ぶことができます。なお、「あり」にしても出てこないこともありました。


最後の「ノイズ(Noise)」をランダムにすると、毎回完全にリフレッシュした状態でキャラクターが生成されますが、「Fixed」にすると、前に生成したキャラクターのベースが引き継がれます。「作ったキャラクターのほとんどの造形は気に入っているが、髪の色を変えたい」や「メガネだけ追加したい」という時には「Fixed」にして条件を変更すればOK。


全条件ランダムの場合、このキャラクターが生成されたあとに再び「Generate」を押すと……


このように、まったく共通点のないキャラクターが生成されます。


しかし、たとえば「このキャラクターをもうちょっと条件を変えた姿で見たい」という場合は、Noiseのところを「Fixed」に変更することで……


条件のやや異なるキャラクターを生成することができます。


髪の色と髪型を固定すると、姿はかなり絞られてきます。


時々「なんだその組み合わせは!?」というものもありますが、多くは「このキャラ、どこかの作品にいなかった?」というキャラクターができあがります。髪型や目が、アニメやゲームなどでよく見かけるものだからでしょうか。

・関連記事
AIが自動でプロ並みのムービー編集&加工をしてくれる「Story Remix」をMicrosoftが発表、3Dを使ったムービーも簡単に作成可能 - GIGAZINE

人工知能で配色パターンを自動生成したり写真から色を抽出したりしてカラーパレットを生成しまくることが可能な「Colormind」 - GIGAZINE

適当に描いた図形が「ネコ」へ自動変換される「edges2cats」 - GIGAZINE

まるで人工知能がLSDを使って「ボブの絵画教室」を見ているかのようなムービー - GIGAZINE

まさに悪夢、Googleの人工知能「DeepDream」でムービーを作成したらとんでもないことに - GIGAZINE

Googleで開発中の人工知能が綴ったポエムがキモいと話題に - GIGAZINE

ジャズを自動作曲する人工知能「deepjazz」、AIが作ったジャズはこんな感じ - GIGAZINE

871

in レビュー,   ネットサービス, Posted by logc_nt