「ロボカップ2017名古屋世界大会」現地取材記事まとめ


「2050年までにサッカーの世界チャンピオンチームに勝てる、自律型ロボットのチームを作る」という目標を掲げて日本のロボット研究者が始めた「ロボカップ」の世界大会が、2017年7月27日(木)から7月30日(日)まで第1回大会以来20年ぶりに名古屋の「ポートメッセなごや」で開催されます。その進化がめざましいロボット技術の最新動向について目下取材中。記事は随時更新予定なので、GIGAZINEの公式TwitterFacebookGoogle+をフォローしておくと最新情報がゲットできてお役立ちです。

RoboCup2017 Nagoya Japan(ロボカップ2017 名古屋世界大会)
https://www.robocup2017.org/

ロボカップがどんなイベントなのかは、以下のムービーを見ればわかります。

RoboCup2017 Promotion Video ver2 - YouTube


会場となるポートメッセなごやに到着。


開場目前で最終チェックに余念がありません。


第3展示場でもロボット開発者が最終準備中。


サッカーフィールド


二足歩行型のヒューマノイドリーグでは、こんな小型のロボットから……


人間サイズのロボットまであり。


第3展示場ではAmazonロボティクスチャレンジも行われます。


家庭用ロボコーナーには多数のPepperも待機していました。


◆2017年07月27日 10時26分00秒
操縦できるカブトムシ型巨大ロボット「KABUTOM RX-03」がロボカップ2017の会場に登場 - GIGAZINE


◆2017年07月27日 11時47分00秒
究極の外骨格「Skeletonics(スケルトニクス)」がロボカップ2017の会場を縦横無尽に歩行デモ - GIGAZINE


◆2017年07月27日 16時04分00秒
見事な連係でシュート&ディフェンスを見せる白熱かつスピーディーな「ロボカップサッカー・小型リーグ」 - GIGAZINE


◆2017年07月27日 17時25分00秒
市販のロボット「NAO」を使ってロボットプログラミングの腕を競い合うロボカップサッカーが思わず笑ってしまうゲームを展開 - GIGAZINE


◆2017年07月29日 21時00分00秒
激しいぶつかり合いと緻密なパス回し、白熱の頭脳戦が展開される「ロボカップサッカー中型リーグ」のゲームが面白過ぎる - GIGAZINE


◆2017年07月30日 13時48分00秒
二足歩行ロボットによるロボカップサッカー「ヒューマノイドリーグ」はどのレベルでボールをけるのか? - GIGAZINE


◆2017年07月31日 10時44分00秒
日本初開催のAmazonのロボットコンテスト「Amazon Robotics Challenge」ファイナルを完全レポ、白熱の戦いを制したロボットは? - GIGAZINE

・関連記事
ボストン・ダイナミクスのロボット「Handle」は華麗にジャンプし45kgの荷物を運び雪道も難なく走行できることが判明 - GIGAZINE

ロボットが人間に替わって商品の仕分け作業を行うコンテスト「Amazon Picking Challenge」は吸盤と2本指を持つロボットが制する - GIGAZINE

14台のロボットアームに分散自己学習させて人間が数年かけて覚える動作を爆速で経験して身につけさせる恐るべきムービーをGoogleが公開 - GIGAZINE

1日20万個の荷物を床をはい回って間違いなく振り分ける無数の仕分けロボットが圧巻 - GIGAZINE

ロボットによる自動配達を認める法律が世界で初めて施行されロボット配達が解禁へ - GIGAZINE

世界で初めてロボットが人間の目の手術に成功、人間の外科医の10倍の精度を発揮 - GIGAZINE

ついに「痛み」を感じて反応するロボットが開発される - GIGAZINE

94

in ピックアップ,  取材,  ハードウェア,  動画, Posted by logv_to