ハードウェア

16TBのハードディスクが2018年に登場


HDD大手のSeagateが、「18カ月以内に容量16TBのHDDをリリース予定」と決算報告書で明らかにしました。

Seagate's roadmap includes 14TB, 16TB hard drives within 18 months | CIO
http://www.cio.com/article/3161799/storage/seagates-roadmap-includes-14tb-16tb-hard-drives-within-18-months.html

Seagateのステファン・ラックゾCEOは、18カ月以内に14TBと16TBの大容量のHDDを出荷する予定であると明かしました。なお、いずれのHDDも複数のHDDを連結させたモデルではなく、単一ケースからなる一般的な市販モデルであるとのこと。なお、Seagateは2020年までに容量20TBのHDDの市販化をロードマップに組み込んでいます。

ラックゾCEOによると、現在、ヘリウム充填技術を使って容量12TBのHDDが試験されているところで、試験経過は良好とのこと。順調にいけば2018年にはHDDの最大容量は16TBに拡大することになりそうです。すでにSeagateは10TBモデル「ST10000VN0004」を市販しており、価格はAmazon.co.jpで約5万円。2018年に登場する16TBモデルも約5万円の価格帯になることが期待できます。


ちなみに、すでにSSDは容量60TBモデルをSeagateが発表済みなので、単純な大容量化競争ではHDDはすでにSSDに完敗しています。なお、2018年まで待ってられないという人は、Samsungの15.36TBのSSD「PM1633a」が販売されているので、値段を気にしなければこちらを使うのも手かも……。

・関連記事
ついに60TBの超大容量SSDをSeagateが発表 - GIGAZINE

ついにハードディスク容量は10TBに到達 - GIGAZINE

Googleがクラウドの時代を迎えて「HDDには進化が必要」と提言 - GIGAZINE

HDD故障率のメーカー・モデル別統計データ2016年第3四半期版をBackblazeが公開 - GIGAZINE

世界初の磁気ディスク式記憶装置(ハードディスク)「RAMAC」がIBMで誕生するまでの物語 - GIGAZINE

SSDの低価格化傾向が弱まり価格上昇局面に突入する危険性が指摘される - GIGAZINE

ハードディスクが物理的にデータを記録している仕組みがわかるムービー「How do hard drives work?」 - GIGAZINE

HDD故障率データの公開で知られるBackblazeがHDDの歴史を解説 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by logv_to