ハードウェア

世界的にPC市場が縮む中、ゲーミングPC市場は3兆円を超え急速に成長中


スマートフォン市場の成長とともにPC市場が世界的に低迷する中で、ゲームプレイを目的とした「ゲーミングPC」の市場が急成長していることが明らかになっています。

PC Gaming Hardware Market Minting Billions - Comments - Press Releases
https://www.jonpeddie.com/press-releases/details/pc-gaming-hardware-market-minting-billions

Jon Peddie Research(JPR)が、2016年のゲーミングPC市場の規模を発表しました。この調査では、ゲームプレイにフォーカスしたPCを「ゲーミングPC」として、ゲーミングPC本体だけでなく、ゲーム用途でデザインされたマウスやキーボード、オーディオシステムなどもゲーミングPC市場の製品として計上しています。また、ゲーミングPC本体にはメーカーが販売する市販品だけでなく、ユーザーがカスタムオーダーできるBTOやユーザー自身で組み立てる「自作PC」も含まれており、さらには換装するグラフィックボードなどのハードウェアも含まれています。


2015年に全世界で246億ドル(約2兆8000億円)だったゲーミングPC市場は、2016年には303億ドル(約3兆5000億円)に成長。JPRは2016年のゲーミング市場を261億ドル(約3兆円)と予想していたこともあり、「ゲーミングPC市場の拡大ペースは予想以上」と述べています。

従来、「Mainstream」「Performance」「Enthusiast」だった分類は、「Entry-Level(エントリー)」「Mid-Range(ミドルレンジ)」「High-End(ハイエンド)」に変更されました。各分類における市場の内訳はこんな感じ。PC本体の価格が高いハイエンドが最も大きな割合を占めていますが、まんべんなく分かれています。


JPRは、「NVIDIAやAMDなどのグラフィックボードメーカーは、GTX 1050のような120ドル(約1万4000円)程度の価格で強力なGPU性能を持つ製品をリリースするなどエントリーユーザーをしっかりとサポートしており、またAMDの新CPU『Ryzen』が登場することもあり、ゲーミングPC市場の見通しは明るい」と、今後もゲーミングPC市場が拡大すると予想しています。

スマートフォンなどのモバイル端末の性能が向上する中で、PCはゲームやVR、ムービー編集などマシンパワーを求めるコアなユーザー向けに市場が移り変わっていくだろうとJPRは予想しています。

・関連記事
グラフィックボードを外付けできる拡張BOX「Razer Core」で高性能ノートPC「Razer Blade Stealth」のGPU性能を爆アゲしてみた - GIGAZINE

世界初の4Kディスプレイを3枚も搭載する化け物ゲーミングノートPC「Project Valerie」 - GIGAZINE

ランドセルのように背負うVRゲームのためのPC「MSI Backpack PC」 - GIGAZINE

仮想空間で手の動きを認識するハンドコントローラーの存在が強力過ぎるVRヘッドセット「HTC Vive」のセットアップ&VRゲームプレイ - GIGAZINE

6つのボタンを側面に搭載しクリックのスイッチ交換可能&有線・無線両対応ゲーミングマウス「ROG Spatha」レビュー - GIGAZINE

旧型PCの中身をごっそり入れ替えてVRヘッドセットを満喫できるハイスペックPCに生まれ変わらせてみた - GIGAZINE

Oculus Riftで本当に戦闘機のコックピットにいる感覚で宇宙空間を縦横無尽に飛び回る「EVE: Valkyrie」レビュー - GIGAZINE

激安2万円強でVRゲーム対応&GTX 1080を上回るコストパフォーマンスのAMD新グラボ「Radeon RX480」登場 - GIGAZINE

自作PCファンには垂涎の「COMPUTEX TAIPEI 2016」PCパーツ関連ブース一挙まとめ - GIGAZINE

in ハードウェア,   ゲーム, Posted by logv_to