メモ

ビル・ゲイツが「新しい形のテロリズムがやってくる」と警告

by Red Maxwell

現地時間2017年1月19日(木)に行われた世界経済フォーラムで、ビル・ゲイツ氏が新たな形のテロが近いうちにやってくることを警告しました。「新たなテロ」は国境を無意味にするものですが、国や人はまだテロと戦う準備ができていないとのこと。

Bill Gates warns about bio-terrorism threat - Business Insider
http://www.businessinsider.com/bill-gates-warns-about-bio-terrorism-threat-2017-1


新しいタイプのテロリズムとは、バイオテロ、あるいは意図を持って伝染病を広げるテロのこと。「バイオテロが起こる確率を見積もるのは難しいが、潜在的な可能性は非常に高い」とゲイツ氏は語っており、今後起こる可能性のあるバイオテロに対抗する方法について、いますぐ議論を始める必要があると警告しました。

1月17日から行われていた世界経済フォーラムの前半で、ゲイツ氏は自然発生する病気と意図的に生み出された病気の両方の危険性について語っていました。自然発生するにしろ意図的に発生させられるにしろ、1万人が死亡する感染症がまん延する可能性があるとゲイツ氏は見ており、2月にミュンヘンで行われるカンファレスにて、これらの問題について議論する予定があるとのこと。

2016年10月に公開されたTelegraphの取材記事の中でも、ゲイツ氏は世界が「良い方向に移り変わっていると強く信じている」としながらも、懸念しなければいけない3つの「暗い雲」として、「生物兵器や核兵器を持つテロリストによってパンデミックがもたらされる危険」「人工知能などの技術が適切に使われない危険」「民主主義自体が崩壊する危険」について語っていました。

Yコンビネータ社長のサム・オルトマン氏もゲイツ氏と考えを同じくしており、The New Yorkerの取材の中では「オランダの研究者らが猛毒性鳥インフルエンザウイルス(H5N1)をほ乳類間で空気感染することを可能にしてから5年たち、次の20年間で人工的に作られた致死性のウイルスが放たれる可能性はゼロではない」と語られています。

by UGA College of Ag & Environmental Sciences - OCCS

バイオテロは国境を容易に超えていくため、各国は協力してテロ対策に取り組む必要がある、とゲイツ氏。ビル&メリンダ・ゲイツ財団はパンデミックの可能性があるにも関わらず市場性に乏しい感染症に対するワクチン開発を促進するCoalition for Epidemic Preparedness Innovation(CEPI)という組織をウェルカム・トラストや世界経済フォーラムと協力し設立しており、CEPIは約7億ドル(約800億円)の資金をもって対策にあたっていますが、7億ドルではパンデミックの脅威を取り除くのに不十分だとゲイツ氏は考えているとのことです。

・関連記事
遺伝子編集技術「CRISPR」とは何かがわかるムービー、そして人類の未来はどうなるのか? - GIGAZINE

「世界の終末」「大惨事」「アポカリプス」を世界の映画の中から集めてまとめたムービー - GIGAZINE

ユートピアの逆、ディストピアを扱った作品の「予言」がどれだけ実現しているかをまとめる「Dystopia Tracker」 - GIGAZINE

8兆円以上の資産を持つ世界一の富豪ビル・ゲイツが何を考えどんな日常生活を送っているのかに密着 - GIGAZINE

4000万人を殺した1918年のインフルエンザウイルスを改造する狂気じみた研究が必要な理由とは - GIGAZINE

人工知能は核兵器よりも潜在的に危険、ホーキング博士が「100年以内に人工知能は人間を超える」と警告 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa