×
ハードウェア

成層圏をレンズ化して敵の対空レーザーを反射させ撃退する恐るべき軍事技術「Atmospheric Lens」


アメリカ軍が実用化間近まできているレーザー砲は、近い将来に必須の軍事技術となる可能性があります。他方でレーザーを攻撃用途ではなく利用する方法も生み出されており、レーザーを使って成層圏をイオン化してレンズ膜を作ることで、敵地を偵察したり敵の攻撃を迎撃したりする技術「Atmospheric Lens」が提案されています。

Atmospheric Lensがどのような軍事技術なのかは以下のムービーを見れば一発で理解できます。

Future concepts from BAE Systems: Atmospheric Lens - YouTube


地上を監視するコクピットの様子。


地球を周回する偵察機のようです。


偵察しようとしているのは敵の拠点。


ズームするにも限度があります。


敵地を詳しく観察するために機体底面からレンズが現れました。


レンズはレーザーを発射。


なんと、成層圏の気体をプラズマ化してイオンの層を作りました。


空間に作り出したイオンの膜をレンズにして、敵地の映像を拡大しています。


これで、宇宙から敵地の様子を丸裸にできるというわけです。


敵地をまじまじと観察していると……


敵の対空レーザー兵器を発見。


当然、対空レーザーも偵察機の存在を確認。


レーザービームで攻撃を試みます。


敵のレーザーにロックオンされ、偵察機に危険がおよんでいる模様。


敵の対空レーザーによる攻撃を確認すると……


なんと、レーザーで応戦。


再び成層圏にイオン化したレンズ層を作ってレーザーを反射しています。


自ら発したレーザービームで反撃されたレーザー砲は熱でやられてしまいました。


こうして、敵の攻撃を逆手にとって反撃しつつ、敵の様子を偵察できました。


このムービーは軍事企業BAEシステムズが作成した、軍事技術「Atmospheric Lens」のコンセプトムービー。大気圏に存在する気体をイオン化して層を作る技術的な目途は立っており、50年以内の実用化を目指しているそうです。

・関連記事
米海軍が1発100円のレーザー砲発射実験を公開、強力な破壊力もプレステ感覚で操作可能 - GIGAZINE

6秒に1発撃てるレールガンと現状の3倍出力のレーザー砲を米軍が2020年までに開発予定 - GIGAZINE

「スター・ウォーズ」のレーザー・ブラスターはジェダイでなくてもよけることが可能か真剣に実験するとこうなる - GIGAZINE

スターウォーズの宇宙要塞「デス・スター」のように惑星を破壊するにはどれくらいのエネルギーが必要なのか? - GIGAZINE

米軍はF-35戦闘機を含む多くの軍用機にレーザー兵器の搭載を狙っている - GIGAZINE

無音で目にも見えないレーザー兵器は本格的に戦場に配備されるのか? - GIGAZINE

建物周りにレーザー網を敷いて「蚊」をことごとく撃ち落とす驚愕のシステムが登場 - GIGAZINE

レーザー光を照射してキズ1つ付けることなく金属のサビを落としてキレイにする驚きのレーザークリーナー - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by logv_to